お問い合わせ

ご連絡先

国立研究開発法人 物質・材料研究機構
グローバル中核部門 グローバル連携室 大学院係

〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1

メールでのお問い合わせはこちら

FAQ

普通の大学院と連携大学院の違いは何ですか?

連携大学院は、NIMSと協定を締結した大学が共に協力して物質・材料工学分野における最先端の研究の推進と高度の人材の育成を行う新しい大学院です。研究プロジェクトに参加することで最先端の研究開発の起承転結を学ぶことができるという利点があります。指導教員であるNIMS研究者、研究室の他の研究者やスタッフ、ポスドクや他の学生と協力してプロジェクトなどを進めることもあります。企業、大学や他の研究機関との共同研究など、すぐ近くで日々活発に研究を行っている人々と活動する機会もあるかもしれません。

連携大学院に入学したら、大学とNIMS、どこで学ぶ事になるのですか?

連携大学院の学生全員、NIMSの研究室に所属し、大学教員でもあるNIMS研究者の指導をうけながら、研究活動をNIMSで行います。研究室の所在地は、所属する研究室により千現地区、並木地区、桜地区のいずれかになります。

入試はどこでどの様に実施するのですか?

基本的には大学での実施です。口頭試問と出願書類の内容を元に選抜されます。選抜方法は専攻により異なります。NIMSジュニア研究員制度への申請者は、入試前にNIMSでの面接を受けることが必須となる場合があります。

修了までに、単位をどの様に取得する必要がありますか?

基本的にはNIMSでの活動で履修する事が可能になっています。また、専攻によっては、大学での講義受講が必要な場合もありますが、筑波大学以外は、大学とNIMSを頻繁に行き来する事が無いようにカリキュラムが組まれています。

NIMSジュニア研究員制度とは、どのような制度ですか?

大学院在学中に、NIMSのスタッフとして研究業務に従事する事によって、賃金が支給される制度です。原則として、学業は支給の対象外ですが、学生が研究活動をおこなうNIMS研究室での業務に携わるため、学位取得のための研究とも整合性があります。そのため、結果として、学位取得を目指した研究活動に専念することで支給条件を満たす事となります。基本的には、入試の4-5ヶ月前に募集開始ですが、大学により異なります。