NIMSジュニア
研究員制度

NIMSジュニア研究員は、物質・材料研究機構で研究を行う大学院生に研究スタッフとして活躍して頂くことを目的としたものであり、優れた研究能力を有する大学院生に対して賃金を支給する制度です。これにより生活費等の心配なく研究に専念できます。

概要

職務 物質・材料研究機構の就業規則及び受入れ担当者の指示に従って、博士課程の研究に関連した業務に携わります。
資格

筑波大学大学院 理工情報生命学術院 数理物質科学研究群 に設置された以下の
いずれかへの進学希望者であって、職務の遂行に必要な研究能力を有する者。

- 応用理工学学位プログラム NIMS連係物質・材料工学サブプログラム
- 応用理工学学位プログラム 電子・物理工学サブプログラム
 (博士前期課程・物質・材料工学クラス)
- 応用理工学学位プログラム 物性・分子工学サブプログラム
 (博士前期課程・物質・材料工学クラス)
 このページに記載されている教員を希望する場合のみ申請可能

- 国際マテリアルズイノベーション学位プログラム(博士前期および後期課程)
 このページに記載されている教員を希望する場合のみ申請可能

※採用時、上記の学位プログラムに在籍していることが条件となります。(社会人特別選抜枠を除く)

※ 日本学術振興会の特別研究員などの同様の制度や、アルバイト等の兼務は原則として不可です。

NIMSジュニア研究員制度に関するよくある質問は、こちらをご覧ください。

契約 契約は1年間。毎年、厳格な評価を実施し、修士課程は1回、博士課程は2回まで再契約できます。課程を修了・退学した場合、標準就業年限(博士3年、修士2年)を超えた場合、その時点で契約終了となります。
試用期間 試用期間あり(3か月)
給与(月額)

賃金は審査結果および実際の勤務日数によって決定します。

  • 博士前期課程 : 約160,000円(月 11 日勤務)
  • 博士後期課程 : 約200,000円(月 14 日勤務)
NIMSは、物質・材料分野の大学院生の博士課程進学を応援する「NIMSジュニア研究員スタート支援制度」を創設します。詳細はプレスリリースをご覧ください。
加入保険 労災保険
募集者の
名称
国立研究開発法人 物質・材料研究機構

応募方法

PDFやJPEG等の電子ファイル形式にて下記の書類を添付し、NIMS 大学院係 ( nims-graduate@nims.go.jp ) へメールでご応募ください。送付メールの件名は [Tsukuba-NIMS GRA]Application として下さい。

  • 申請書(指定word様式)
    - 日本語での記載も可。申請書の記入例(PDF)をご参考ください。
    - 応募者の研究能力・経験について問い合わせできる人として必ず2人以上の照会者の連絡先を記載してください。選考の過程において、NIMS事務局から照会者に直接連絡をする事があります。志望教員は希望順に3名まで記載可能です。
    - 申請書の項目15番目(旅費サポート)については、筑波大(国際マテ)NIMS連携大学院のNIMSジュニア申請においては該当しません。記載無で提出ください。
  • 履歴書(指定excel様式)
  • 成績証明書(博士後期課程の申請者は、学士と修士の両方)
  • 2年以内に受験したTOEIC L&R・TOEFL iBT・IELTS academicいずれかのスコア証明書の写し

スケジュール

NIMS連係物質・材料工学サブプログラム
および
物質・材料工学クラス
国際マテリアルズイノベーション学位プログラム

2024-2025年

2024年4月3日(水)-5月30日(木) NIMSジュニア研究員 公募期間
4月中旬 筑波大学 募集要項公開予定
6月下旬 NIMSジュニア研究員 書類審査結果発表
7月9日(火)-22日(月) 筑波大学 出願期間
8月22日(木)-23日(金) 筑波大学 試験日
9月12日(木) NIMSジュニア研究員 最終審査結果発表(一部博士のみ)
2025年2月中-下旬 NIMSジュニア研究員 最終審査結果発表
2025年4月 筑波大学大学院 入学 および NIMSジュニア研究員 雇用開始