NMRステーションについて

 固体NMRは、物質の構造や特性を調べるための基本的な材料分析技術であり、軽元素や非晶質など、他の手法では分析が難しい材料の分析が可能であるという特長などから、年々そのニーズが拡大しています。NIMSのNMR部門では、超強磁場NMRシステムなどの最先端のNMR装置の開発を進めると共に、NIMS強磁場ステーションおよび文部科学省のナノテクノロジープラットフォーム事業などにおける共用業務において実績を重ね、多くの材料研究者の課題解決に貢献してきました。
 当ステーションでは、これまでNIMSにおいて開発したNMR装置や測定・解析技術の蓄積を基盤として、最先端のNMR装置・技術をNIMS内外の共用に供することで、材料研究における様々な課題の解決に貢献し、研究の効率向上に貢献するとともに、革新的な材料開発へのブレークスルーに繋がる知見を提供することを目指しています。また、NMRの技術開発・人材育成・情報発信などを通して、NMR技術の向上と我が国におけるNMR技術の普及にも貢献します。

 【組織・運営体制】【沿革】及び【強磁場NMR開発】のページへは、左側のリンクからお入りください。

【NMRステーションの主要業務】

・NMR共用装置の機構内外の研究者への供用、共同研究
・NMR共用装置の維持管理、整備・更新
・新規開発技術のNMR共用装置への導入
・NMR装置に対するユーザーニーズの調査と装置開発現場へのフィードバック
・NMRに関する知識の普及・広報、技術相談

800MHzワイドボア固体高分解能NMR装置
ページトップ