国立研究開発法人 物質・材料研究機構
微細構造解析プラットフォーム事務局

E-mail:nmcp[at]nims.go.jp
([at]を@に置き換えてください)

ごあいさつ

ナノテクノロジープラットフォームは、文部科学省委託事業として2012年度から10年計画で開始されました。ナノテクノロジーに関する最先端研究設備と活用ノウハウを有する機関が連携して、全国的な設備共用体制を共同で構築するものです。ナノテクノロジー研究において基本となる三つの技術領域(微細構造解析、微細加工、分子・物質合成)により構成されます。微細構造解析プラットフォームは全国11機関から構成され、代表機関はNIMSが担当します。最先端計測共用ネットワークを構築し、ナノテク・材料分野における学問的・技術的課題の解決によるイノベーションに寄与し、我が国のナノテクノロジーの更なる発展、競争力の向上、研究人材の育成に貢献します。さらに、先端ナノ計測技術群を産学官の研究開発支援に供することにより、世界トップレベルの研究成果の創出と、産業ニーズに応える支援と異分野融合を積極的に推進します。  
NIMS微細構造解析プラットフォームは、「最先端ナノマテリアル計測拠点」としてつくば市3地区(桜、千現、並木)に位置し、NIMSの最先端ナノ計測設備群と計測解析ノウハウを融合し、国内外の物質・材料研究者や技術者を支援します。高性能の透過電子顕微鏡や走査透過分析電子顕微鏡群を中心として、走査型ヘリウムイオン顕微鏡や極低温高磁場STM、先端SPM、TOF-SIMS等による表面ナノ解析、強磁場固体NMR等の最先端計測装置群の相補的活用により、表面からバルクに至る先端ナノ計測による研究支援を提供します。さらに、ナノテク・材料分野から技術立国日本を下支えするために、アカデミアのみならず、産業界との交流と連携を積極的に推進する所存です。皆様の更なるご支援とご協力をお願いします。

プラットフォーム長 田中美代子

当事業の目指す姿

NIMS微細構造解析プラットフォームの活動が目指す姿

~世界トップ水準の最先端計測を提供する共用基盤~

  • 産業界の技術的課題解決によりナノテク材料分野の競争力強化
  • 共用施設を中核とした「知の集約」による人材交流や人材育成
  • 学問的課題の解決により世界トップレベルの飛躍的な知の創出
  • プラットフォーム連携による異分野融合と材料イノベーション加速