left: hydrogen plasma in which diamond is synthesized, center:
the hydrogen-terminated surface of diamond, right: an atomic force microscopy image of atomically flat diamond surface

連絡先

山口尚秀

〒305-0044
茨城県つくば市並木1-1
国立研究開発法人物質・材料研究機構

Phone: 029-860-4885

写真

ダイヤモンド化学気相合成装置。ダイヤモンドの合成や表面の水素終端化ができます。


 

NIMSの微細加工施設のクリーンルームの中。ここでダイヤモンドの表面に微細な電極を取り付け、トランジスタなどの電子素子を作ります。リソグラフィーや成膜、エッチング用の装置がそろっています。スタッフの支援を受けながら、これらの装置を操作して素子の作製を行います。


ダイヤモンド素子の電気特性を調べます。真ん中の写真の超伝導マグネット付き冷凍機を使って、1.4 Kまでの低温、9 Tまでの磁場中で電気特性を測ることができます。より低温(20 mK)・強磁場(18 T)での測定は、桜地区にある希釈冷凍機(右の写真)を使って行います。


(左)居室です。論文を読んだり書いたりします。(右)研究のための基本的な知識を得るために、毎週勉強会を行っています。


(左)居室と実験室のある建物。NIMS並木地区にあるMANA棟という建物です。(中)インターンシップ生と一緒に。(右)中山杯に参加しました。