1. ホーム
  2. > 研究活動
  3. > Research Highlights
  4. > Vol. 52 中枢神経系疾患の治療にむけた抗炎症活性を有する高分子マイクロ・・・

researchhighlightsResearch Highlights

[Vol. 52]

中枢神経系疾患の治療にむけた抗炎症活性を有する高分子マイクロ粒子の設計

MANAは、生物が本来持つ免疫機能をコントロールするマイクロ粒子をデザインし、この粒子のみを用いて脳モデルにおける炎症反応を抑制することに世界で初めて成功しました。また、この粒子は薬剤を免疫細胞へと送達する担体としても使用できるため、化学療法と材料による免疫療法を組み合わせた全く新しい治療法を確立する可能性を秘めています。脳内における炎症はアルツハイマー病を始めとした認知症の基盤病態であり、この粒子を用いることで5000万人を超える認知症患者に対する効果的な治療・予防法の確立が展望されます。
 加えて、免疫機能を“材料の力だけで抑制する”というコンセプトは、これまで用いられてきた医療用マテリアルには無い革新的なものであり、次世代の生体材料の一角を担う材料となることが期待されます。

中川泰宏 JSPS特別研究員(東京大学), 荏原充宏 グループリーダー
(2019年「ACS Biomaterials Science & Engineering」誌)


中枢神経系疾患の革新的治療への応用が期待される抗炎症性ホスホリルセリン担持高分子マイクロ粒子。



Reference

Y. Nakagawa et al., “Apoptotic Cell-Inspired Polymeric Particles for Controlling Microglial Inflammation toward Neurodegenerative Disease Treatment”, ACS Biomater. Sci. Eng. 5 (2019) 5705−5713.
DOI: 10.1021/acsbiomaterials.8b01510

■ MANA E-BULLETIN
https://www.nims.go.jp/mana/ebulletin/



Affiliations

International Center for Materials Nanoarchitectonics (WPI-MANA), National Institute for Materials Science (NIMS), Namiki 1-1, Tsukuba, Ibaraki 305-0044, Japan



Contact information

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(WPI-MANA)

〒305-0044 茨城県つくば市並木1-1
TEL: 029-860-4710
E-mail: mana-pr=ml.nims.go.jp([ = ] → [ @ ] )

To receive our e-mail newsletter “MANA Research Highlights”, please send an e-mail with "MANA Research Highlights request” in the subject line or main text to the following address: mana-pr_at_ml.nims.go.jp *Please change "_at_ " in the email address to @.
研究活動