論文リスト
2021/2020/2019/2018/2017/2016/2015–2011/2010–2006/2005–2001/超伝導材料
2018
英文雑誌論文
Kazunori Takada
Progress in Solid Electrolytes toward Realizing Solid-State Lithium Batteries
J. Power Sources, 2018, 394, pp. 74‑85
DOI:10.1016/j.jpowsour.2018.05.003
(1 Aug., 2018)
• Junichi Sakabe, Narumi Ohta, Tsuyoshi Ohnishi, Kazutaka Mitsuishi, and Kazunori Takada
Porous Amorphous Silicon Film Anodes for High-Capacity and Stable All-Solid-State Lithium Batteries
Communications Chemistry, 2018, 1, Art. No. 24
DOI:10.1038/s42004-018-0026-y
(3 May, 2018)
Raman Bekarevich, Kazutaka Mitsuishi, Tsuyoshi Ohnishi, Fumihiko Uesugi, Masaki Takeguchi, Yoshiyuki Inaguma, Takahisa Ohno, and Kazunori Takada
Two-dimensional Gaussian fitting for precise measurement of lattice constant deviation from a selected-area diffraction map
Microscopy, 2018, 67, pp. i142‑i149
DOI:10.1093/jmicro/dfx121
(15 Dec., 2017)
Kazunori Takada, Takahisa Ohno, Narumi Ohta, Tsuyoshi Ohnishi, and Yoshinori Tanaka
Positive and Negative Aspects of Interfaces in Solid-State Batteries
ACS Energy Lett., 2018, 3, pp. 98‑103
DOI:10.1021/acsenergylett.7b01105
(1 Dec., 2017)
和文雑誌論文
• 太田 鳴海
ナノ多孔構造を導入したアモルファスシリコン負極膜の開発
機能材料, 2018, 38 (11), pp. 4‑10
[雑誌出版元のウェブサイト]
(2018年11月号) 特集企画「高いエネルギー密度の実現を目指した新材料動向」
• 太田 鳴海
ナノ多孔構造の導入による全固体リチウム電池向けシリコン負極の高安定動作実現
JETI, 2018, 66 (11), pp. 29‑32
[雑誌出版元のウェブサイト]
(2018年11月号)
• 高田 和典
全固体電池開発の現状と展望
機能紙研究会誌, 2018, 57, pp. 3‑8
(2018年11月)
• 高田 和典
硫化物型全固体電池
工業材料, 2018, 66 (10), pp. 63‑66
[工業材料誌のウェブサイト]
(2018年10月号)特集「EVシフトのキーテクノロジー 車載電池材料の最新潮流」
• 高田 和典
全固体電池の負極材料の開発
化学装置, 2018, 60 (9), pp. 52‑57
[化学装置誌のウェブサイト]
(2018年9月号) 特設記事「全固体電池の研究開発動向」
特許(出願公開)
• 高田 和典, 大西 剛, 太田 鳴海, 坂部 淳一, 南田 善隆
全固体リチウムイオン二次電池、及び、その製造方法
特開2018-133131
国立研究開発法人物質・材料研究機構, トヨタ自動車株式会社
[J-GLOBAL ID:201803019148056780]
(2018年08月23日)
• 高田 和典, 大西 剛, 太田 鳴海, 南田 善隆
全固体電池用電極部材の製造方法
特開2018-120841
国立研究開発法人物質・材料研究機構, トヨタ自動車株式会社
[J-GLOBAL ID:201803005353090191]
(2018年08月02日)