NIMS 電気化学ナノバイオテクノロジーグループ

NIMS Electrochemical nanobiotechnology group
 
岡本研究室では、物理化学的手法と微生物学を組み合わせた新しい技術を開発し、未解決の生物学的課題に取り組んでいます。世界トップレベルの物質科学研究所である物質・材料研究機構において、遺伝子からナノ材料、データサイエンスまでを扱う極めて学際的な科学研究を行う当研究室は、新興・融合領域を開拓することを志す研究者が成長できるユニークな研究環境を提供しています。電気細菌、膜小胞、ウイルス、膜タンパク質に関する研究を通して得られる科学的知識を使って、バイオエネルギー変換や新しい医療・環境診断システムの開発、SDGsへの貢献を目指します。 

トピックス

ページトップ