ここからサイトの主なメニューです

イベント

ここからページの本文です

MI2Iチュートリアルセミナー (第7回)
「材料探索ワークフロー」~データ準備から発見までの道筋・工夫~

開催日2018年1月15日

会場科学技術振興機構(JST)東京本部別館1階ホール 東京都千代田区五番町7 K's五番町

 物質・材料開発は、研究者の閃き・経験・勘に頼ることが多く、昨今の製品ニーズの多様化、ユースの急変に対応できなくなっている。世界各国が共通の課題を抱える中で、国際競争の主導権を得るには、これまでと異なる客観的・系統的判断に基づく新しい研究手法が必須である。
 本チュートリアルは、この新手法として期待されるMI2を使う上で必要な情報・数理を解説する公開講座(申込順・定員100名)であり、現場でMI2の手法を浸透させる核となる研究者を育成することを目的とする。難解な数式はできるだけ避け、平易な統計手法を出発点として、手法の理解を一歩進める内容である。

参加費

無 料

参加方法、および連絡先・問い合わせ先

ご好評により満席となりました。

連絡先・問い合わせ先:
物質・材料研究機構 統合型材料開発・情報基盤部門(MaDIS)
情報統合型物質・材料研究拠点
E-mail:mii-i=ml.nims.go.jp(〔=〕を〔@〕にしてください。)


プログラム

12:30 受付開始
13:00-13:45 導入編「マテリアルズ・インフォマティクスの狙い」
寺倉 清之(物質・材料研究機構 名誉フェロー・MI2Iエグゼクティブアドバイザー)
質疑・応答
13:45-15:00 応用事例「固体触媒の構造性能相関に見るマテリアルズ・インフォマティクスの現状」
谷池 俊明(北陸先端科学技術大学院大学 准教授/NIMS MI2I)
質疑・応答
15:00-15:15 休憩
15:15-16:30 応用事例
「蓄電池材料探索事例:結晶構造と材料機能を結び付ける材料計算と回帰分析・逆探索」
中山 将伸(名古屋工業大学 教授/NIMS MI2I)
質疑・応答
16:30 閉会

主催

情報統合型物質・材料開発イニシアティブ(MI2I)

共催

科学技術振興機構(JST)

後援

情報・システム研究機構 統計数理研究所

※本チュートリアルセミナーは、
・JSTイノベーションハブ構築支援事業
・JSTさきがけ「理論・実験・計算科学とデータ科学が連携・融合した先進的マテリアルズ・インフォマティクスのための基盤技術の構築」
・計算物質科学人材育成コンソーシアム、東北大学金属材料研究所
からの協力も得ています。

ページの先頭に戻る

ここからサイトの主なメニューです