ここからサイトの主なメニューです

拠点について

ここからページの本文です

情報統合型の新しい科学を用いた物質・材料研究

情報統合型物質・材料研究拠点は、従来の物質・材料研究の在り方を大きく変える可能性を秘めたデータ駆動型 (情報統合型)の 物質・材料研究に取り組む拠点です。

本拠点では科学技術振興機構(JST)事業「情報統合型物質・材料開発イニシアティブ (MI2I : “Materials research by Information Integration” Initiative)」を受託し、これを駆動力として、物質・材料科学から情報・数理科学に亘る産学官の協働体制を構築し、さらにより広範な企業の参画をも促して、オープンイノベーションに繋がるこの分野のハブ拠点化を目指します。

本拠点においては蓄電池材料、磁性材料、伝熱制御・熱電材料という具体的テーマに取り組むとともに、並行して、データ駆動型の研究手法の開発にも取り組み、産官学の研究者・技術者が研究開発の現場で活用できる情報統合型物質探索・材料開発システムを構築していきます。ここにはNIMSが長年、開発・整備してきた材料データベースが重要な役割を果たしますので、今後も利用利便性向上を図りつつ、充実させていきます。

将来的には、計測技術のインフォマティクス化、プロセスのインフォマティクス化も含め、人工知能の基礎技術等を取り込みながら情報統合型物質・材料開発の更なる発展とその普及、それに関わる人材育成を組織的に展開し、拠点の持続的発展に向けて取り組んでまいります。

拠点長 伊藤 聡
ご挨拶

組織図

目標

  • 産業界の物質・材料研究開発課題に対して、データ駆動型物質・材料科学を用いることにより、有効なソリューションを短期間で開発・提供する。
  • 物質・材料研究開発に劇的な変革をもたらす新物質・新材料開発パッケージに必要なツール群を人工知能といった基礎技術を活用しながら開発する。
  • 産業界とアカデミアの両者が活用できるデータベースを整備・構築し、上記ツール群とともに国の知的資産となる新たな物質・材料開発手法の基盤(データプラットフォーム)を構築する。

プロジェクト推進体制

ページの先頭に戻る

ここからサイトの主なメニューです