Home

ダイヤモンドを、究極の光・電子半導体材料に

ダイヤモンド薄膜の高品質合成とそのデバイス応用に関する研究を行っています。 ダイヤモンドはワイドギャップ半導体の中でも特にバンドギャップが大きい材料であり、次世代半導体として期待されています。 ダイヤモンド結晶の高品質合成やダイヤモンドの物性については、 他のワイドギャップ材料であるSiCやGaNに比べて未解明な事象が多く、 ダイヤモンド光・電子・スピンデバイス実現には、基礎研究の積み重ねによる進展が不可欠だと考えています。


What's New (更新履歴)

2018-1-30
日本学術振興会第154委員会研究会で、講演を行いました。寺地 徳之, "ダイヤモンドショットキー障壁界での輸送機構 ―⾼耐圧ダイオードの形成を⽬指して―"
2018-1-22
茨城県立並木中等教育学校で、出前講義を行いました。担当は、5年生(高校2年生に対応)の化学の授業でした。ダイヤモンドを例にとって、化学結合について学びました;
2017-11-28
米国・マサチューセッツ州Hynes Convention Center in Bosotnで開催された国際会議MRS2017 Fall Meetingで、招待講演をを行いました。T. Teraji , "Homoepitaxial Diamond Films Growth for Electronic Device Application;
2017-11-21
西宮市・関西学院大学で開催されたダイヤモンドシンポジウムで、口頭発表を行いました。寺地他 , "炭化タングステン縦型Diamondショットキーダイオードの漏れ電流増加機構;
2017-10-04
米国・メリーランド州National Harborで開催された国際会議232nd ECSで、口頭発表を行いました。T. Teraji , "Ultrapure Homoepitaxial Diamond Films Grown By Chemical Vapor Deposition;
2017-09-06
スウェーデン・ヨーテボリで開催された国際会議DCM2017で、口頭発表を行いました。T. Teraji, "High purity homoepitaxial diamond (111) film growth;
2017-05-29
オーストラリア・ケアンズで開催された国際会議NDNC2017で、口頭発表を行いました。T. Teraji et al., "Homoepitaxial chemical vapor deposition of diamond film for ultra-light doping;
2017-04-20
米国・アリゾナ州フェニックスで開催された国際会議MRS Spring Meeting2017で、口頭発表を行いました。T. Teraji et al., "High Purity and High Quality Homoepitaxial Diamond Growth for Quantum Information and Quantum Sensing Device Applications"
2017-03-09
ベルギー・ハッセルト市で開催された国際会議SBDD XXIIで、口頭発表を行いました。T. Teraji and H. Umezawa, "Defect reduction in homoepitaxial diamond films for high blocking voltage Schottky diodes"

連絡先

(独)物質・材料研究機構 並木地区

〒305-0044 茨城県つくば市並木1-1
1-1, Namiki, Tsukuba, Ibaraki 305-0044, Japan

e-mail:

交通アクセス