ナノ材料科学環境拠点(GREEN)

Global Research Center for Environment and Energy based on Nanomaterials Science

国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS)

文字サイズ

  • 拡大する
  • 標準に戻す

イベント

  1. ホーム  >  
  2. 第18回 GREENシンポジウム開催

第18回 GREENシンポジウム開催

ペロブスカイト太陽電池研究の最先端

文部科学省の「ナノテクノロジーを活用した環境技術開発プログラム」の下で始まったナノ材料科学環境拠点(GREEN)。オールジャパン体制のもと、中長期的な産業・社会のニーズを取り込みながら理論・計測・材料創製を融合した研究開発を推進する、統合型材料開発プロジェクトの中核機関として位置づけられています。

18回目をむかえる本シンポジウムでは、太陽エネルギー由来のエネルギーフローにおける出発点として重要な役割を果たす太陽電池について、特に近年注目を集めているペロブスカイト型太陽電池を中心に、将来の超低炭素社会の実現に向けた開発の方向性を議論する機会を供したいと思います。招待講演とGREEN内での研究紹介を交えて広く議論を行ないます。

例年通り、GREENの重要な活動であるオープンラボ研究の成果報告ならびに拠点賞表彰の場としても位置づけております。

開催概要

開催日: 2018年6月29日(金)9:30-17:30
会 場: NIMS並木地区 WPI-MANA棟 Auditorium
参加費: 無 料
言 語: 日本語
懇親会: 同 日 17:30-18:30、参加費:2,000円

参加方法

参加ご希望の際は、こちらから事前登録をお願いします。
【登録締切:6/26(火)】

プログラム

09:30-09:35開会挨拶NIMS 理事
宝野 和博
09:35-09:40挨拶文部科学省 研究振興局
参事官(ナノテクノロジー・物質・材料担当)
齊藤 康志
09:40-09:45挨拶科学技術振興機構
研究プロジェクト推進部 調査役/
GREENプログラムオフィサー
古川 雅士
09:45-09:55拠点説明GREEN拠点長
魚崎 浩平
09:55-10:35界面制御によるペロブスカイト太陽電池の耐久性向上と劣化機構の解明NIMS GREEN
ペロブスカイト太陽電池特別推進チーム
白井 康裕
10:35-10:55Coffee break
10:55-11:35ペロブスカイト太陽電池の実用化へ向けた課題と取り組みパナソニック株式会社
資源・エネルギー研究所
松下 明生
11:35-13:25ポスター発表
昼食
13:25-13:40GREEN拠点賞 授与式
13:40-14:20オペランド電位計測による電荷分離位置の評価:ペロブスカイト太陽電池への応用NIMS GREEN
ナノ表界面計測G
石田 暢之
14:20-15:00フォトニクス材料としてのハロゲン化金属ペロブスカイト型物質東京大学
先端科学技術研究センター
教授 近藤 高志
15:00-15:20Coffee break
15:20-16:00鉛ハライドペロブスカイト/電荷輸送層界面における超高速電荷移動の高感度時間分解観測NIMS 先端材料解析研究拠点
表面化学分析G
石岡 邦江
16:00-16:40ナノカーボン材料を活用したペロブスカイト太陽電池のフレキシブル化と耐久性向上東京大学大学院
工学系研究科 特任教授
松尾 豊
16:40-16:45閉会挨拶GREEN 副拠点長
宮野 健次郎
16:45-17:30ポスター発表
17:30-18:30懇親会

※プログラムは、予告なく変更になる場合がございます。(敬称略)

お問い合わせ

第18回 GREENシンポジウム 事務局
GREEN=nims.go.jp ([=]を[@]にしてください)