電子顕微鏡ステーションユーザーズミーティング / TEM station User's meeting

開催日: 2016.12.01 終了


日頃はNIMS電子顕微鏡ステーションをご利用いただきありがとうございます。
この度、2017年1月より1か月間、Gatan OneVIewとDENSsolutionsホルダーを組み合わせたその場観察システムをJEM-ARM200Fに搭載して皆様にご利用いただける機会を設けました。
つきましては、それらシステムの紹介とNIMSの実動環境計測技術グループ、電子顕微鏡ステーションにおける基礎・応用研究・ユーザー共用の紹介を目的としたユーザーズミーティングを開催いたします。
年末のお忙しい時期とは存じますが、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。
なお、JEM-ARM200Fにおける OneView+DENSsolutions その場観察システムの詳細やご利用方法に関しましては、こちらをご覧ください。

Thank you very much for the utilization of the facility of NIMS TEM Station.
From January 2017 we will have an opportunity that you can use JEM-ARM200F
with Gatan OneVIew and DENSsolutions holder for a month.
Before it, we will organize a TEM Station User's meeting to introduce that system
and our groups.
Please feel free to participate in our event.

会場 物質・材料研究機構 千現地区 
千現第1会議室
NIMS, Sengen Central Building Meeting Room No.1
開催日: 時間 2016.12.01, 13:00 - 16:30
参加料 無料 (意見交換会 : 2000円) / Free (Public meeting: 2,000)
定員 / Quota 85名(ラボツアー10名)
85 persons (Labo tour :10 persons)
参加申し込み / Entry 参加申し込みはこちら
 ※ラボツアーをご希望の方は11月24日(木)までに参加申し込みが必要です。
 定員の10名をこえた場合、抽選となりますのでご了承ください。

  ※If you hope to take part in Labo tour, please enter until 11/24.
  Please note that when the number of applicants reaches 10, we decide by drawing lots.
お問い合わせ
物質・材料研究機構 電子顕微鏡ステーション
Tel: 029-859-2150
E-Mail: tem=nims.go.jp ([ = ] を [ @ ] にしてください)

プログラム

13:00-13:10 Opening

13:10-13:55 DENSsolutions社製その場観察用MEMSホルダーの紹介
 株式会社日本ローバー Stephan Mick、伊野家 浩司、高内 幸一

13:55-14:40 In-situ記録に最適化されたOneView、K2-IS 高速CMOSカメラ
 株式会社日本ローバー 伊野家 浩司、Stephan Mick、高内 幸一
 
14:40-15:10 休憩
 
15:10-15:45 NIMS先端材料解析研究拠点実働環境計測技術開発グループの紹介
 物質・材料研究機構 三石 和貴、橋本 綾子

15:45-16:20 NIMS技術開発・共用部門電子顕微鏡ステーションにおけるその場観察事例紹介
 物質・材料研究機構 上杉 文彦、竹口 雅樹

16:20-16:30 Closing

16:30-17:10 ラボツアー(千現ファイン棟JEM-ARM200F)
 
17:20-18:50 意見交換会(場所 : 千現地区食堂)


2022.08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31