表面化学分析グループ

先端オペランド計測技術を駆使した表界面プロセスのマルチスケール観察

表界面ではさまざまな物理現象・化学反応が進行しており、これらは電子デバイスやエネルギー変換デバイスの性能や寿命を支配する重要な因子となっています。表面化学分析グループでは、紫外・可視・赤外光、X線および電子といった多様なプローブを利用して、表界面における組成・電子状態・分子構造をマルチスケールで観察するための独自の先端計測基盤技術群を開発しています。これらを駆使して、表界面プロセスのメカニズム解明に基づいた高性能な新材料の設計・開発を目指しています。

専門分野・研究対象

「図 : 表界面における組成・電子状態・分子構造をマルチスケールで観察するための独自の先端計測基盤技術群」の画像

図 : 表界面における組成・電子状態・分子構造をマルチスケールで観察するための独自の先端計測基盤技術群




お問い合わせ先

表面化学分析グループ
〒305-0047 茨城県つくば市並木1-1
TEL: 029-860-4971
E-Mail: MASUDA.Takuya=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)