太陽光発電材料グループ

2021.04.28 更新

人類が直面している地球温暖化や環境問題を解決するため、環境負荷の少ない太陽電池が注目を集めています。しかしながら、太陽電池を地球全体に普及させるには、画期的な変換効率の向上とコストの低減が必要であると同時に、大量の発電を可能とする材料資源の開発も極めて重要です。 当グループでは低コスト・高効率の次世代太陽電池の研究を行っています。効率の向上のみを追いかけるのではなくサイエンスとしての知見を加え次世代太陽電池のメカニズムの解明と材料・デバイスを中心とした研究に取り組んでいます。

専門分野・研究対象

非鉛系ペロブスカイト太陽電池

鉛を用いないペロブスカイト太陽電池および環境にやさしい電子・正孔電荷輸送層の開発に取り組んでいます。





量子ドット太陽電池

量子ドットを利用した高効率太陽電池の実現を目指し、動作原理の検証、キャリアの動的過程の理解、デバイス開発に取り組んでいます。