水素材料制御グループ
(Hydrogen Materials Engineering Group)

2019.04.01 更新

これまで培ってきた光・イオンビーム技術、その場観察技術の蓄積を磁気冷凍システムに関わる材料に対して応用展開し、磁気冷凍材料への水素耐性のある表面改質、機能性コーティング材料開発、光計測による水素分子のオルソパラ変換評価を担当し、「水素社会の実現」に貢献することを目的としています。また、磁気冷凍材料、ひいてはエネルギー・環境材料の開発を加速する先端計測技術、制御技術開発の研究に取り組んでいます。

専門分野・研究対象

以下の分野のテーマを研究しています。

  1. 水素バリア層の開発
  2. 水素分子のオルソパラ変換評価
  3. 低温・水素環境下その場観察評価
  4. 超高速分光計測による非線形・物性評価解析
  5. イオンビーム技術による材料表面制御・物性評価解析
  6. 微生物代謝によるエネルギー・環境材料研究