光機能分子材料グループ

2021.03.16 更新

光機能分子材料グループは、新しい光機能分子材料の設計や合成、それらの自己組織化体の機能化に取り組んでいます。光機能分子は、その3次元ナノ分子構造によってユニークな光学特性や超分子特性を持つことが知られています。私たちのグループでは、既存の分子構造を組み合わせたり、合成技術を駆使したりすることで新規の光機能分子材料の設計を目指しています。これらの材料は、光捕集やセンシング、触媒などへの応用が期待されます。

専門分野・研究対象

  1. 新規ナノ光機能分子材料の合成
    合成技術や超分子技術を用いて、必要とされる特性に応じた構造的・概念的に新しい分子を創生しています。
  2. 自己組織化
    複雑な分子は、その3次元構造に基づいた自己集合や分子間相互作用により組織化します。これらがどのように行われているかを研究し、合成系や自然界での凝集作用を理解することを目指しています。
  3. 機能と応用
    光機能分子の機能を応用に結びつけるために、センシング用途における発色活性に影響を与える因子、触媒特性のためのホスト-ゲスト相互作用、光触媒や光捕集における電子・エネルギー移動に特に注目して研究を行っています。




お問い合わせ先

光機能分子材料グループ
〒305-0047 茨城県つくば市並木1-1
E-Mail: Jonathan.HILL=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)