ポリマー・バイオ分野

未来を紡ぐポリマー・バイオ材料

分野概要

ポリマー・バイオ材料は、現代社会を支える重要な材料です。ポリマー材料は柔らかく、さまざまな形状にすることができ、衣料品からディスプレイ、自動車、住宅に至るまで幅広く利用されています。また、バイオ材料は、高齢化が急速に進む中で、人びとが安全で快適な生活を続けていくための高度医療や予防医療を支えています。

ポリマー・バイオ材料の開発を行うためには、異分野の研究者との連携を深めながら、基礎科学的なものから実用レベルの研究を同時に推進する必要があります。ポリマー・バイオ分野では、新しい有機材料・無機材料・複合材料の開発、集積構造の制御、光・電子物性の評価や理論の構築、力学特性、生体親和性など物質間相互作用の制御、など研究領域の深化と拡張を行いながら学際的に研究開発を行っています。


研究グループ構成

グループ グループ長 研究テーマ
分子機能化学(別ウィンドウで開きます) 竹内正之(併任) 光・電子機能を示す有機・高分子材料の開発
電子機能高分子(別ウィンドウで開きます) 樋口 昌芳 電子機能を有する複合型ポリマー材料の開発
機能性粘土材料(別ウィンドウで開きます) 田村 堅志 機能性・環境調和性粘土材料の研究開発
バイオセラミックス(別ウィンドウで開きます) 菊池 正紀 生体セラミックスを基にした医療・環境材料
生体組織再生材料(別ウィンドウで開きます) 陳 国平 再生医療のための足場材料の開発
バイオポリマー(別ウィンドウで開きます) 田口 哲志 湿潤環境で作用する生体接着材料の創出
スマートポリマー(別ウィンドウで開きます) 荏原 充宏 スマートポリマーを用いた医療材料の開発
医療応用ソフトマター(別ウィンドウで開きます) 川上 亘作 非平衡ソフトマターの物理化学と生物物理
メカノバイオロジー (別ウィンドウで開きます) 中西 淳 メカノバイオロジカル材料の開発
分子メカトロニクス(別ウィンドウで開きます) 吉尾 正史 電気活性高分子・運動素子の開発
プリンテッドエレクトロニクス(別ウィンドウで開きます) 三成 剛生 プリンテッドエレクトロニクス技術の開発
ナノメディシン(別ウィンドウで開きます) 花方 信孝(併任) 生体分子の複合化材料の開発と医療応用


お問合せ先

機能性材料研究拠点
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL: 029-859-2795
E-Mail: TAKEUCHI.Masayuki=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)