従来の液化技術よりも高効率な水素液化技術開発を目指して

世界共通課題である二酸化炭素排出量の削減および福島第1原発事故に端を発する原発削減問題という二つの深刻な課題を抱える我が国にとって、安価で安全な新しい基幹エネルギーの仕組みを創ることは極めて重大なテーマです。水素は新しいエネルギーキャリアとなり得る候補の一つとして注目されています。特に、P2G (Power to Gas、再生可能エネルギーの余剰電力を蓄える) 、モビリティー (バス、トラック、鉄道、船、航空機、ロケットなど) 、火力発電、高炉還元剤等において新たな役割と可能性が期待されています。本センターの目的は、水素大量消費社会の実現を支える様々な技術のうち、液体水素を従来よりも安価かつ安全に供給するために必要となる材料の基盤的技術を研究開発することです。具体的には、従来の液化技術よりも高効率な水素液化技術の開発を目指して材料の基礎研究を行っています。更に将来計画として、液体水素を安全に運搬・貯蔵するために必要となる材料の信頼性評価・向上に関わる技術の確立を目指して研究基盤を構築中です。

お問合せ先

液体水素材料研究センター
〒305-0003 茨城県つくば市桜3-13
電話: 029-863-5509
E-Mail: SHIMIZU.Tadashi=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)