ホーム > 研究情報 > 第2期SIP「統合型材料開発システムによるマテリアル革命」A領域課題の代表研究開発機関として採択

第2期SIP「統合型材料開発システムによるマテリアル革命」A領域課題の代表研究開発機関として採択

概要

戦略的イノベーション創造プログラム (SIP) 課題「統合型材料開発システムによるマテリアル革命」における平成30年度研究責任者が公表され、逆問題MI基盤技術開発領域では、出村 雅彦 (NIMS-MaDIS 副部門長) を研究責任者として提案した研究開発課題「先端的構造材料・プロセスに対応した逆問題MI基盤の構築」が採択されました。

内容

戦略的イノベーション創造プログラム (SIP) 課題「統合型材料開発システムによるマテリアル革命」における平成30年度研究責任者が公表され、逆問題MI基盤技術開発領域では、出村 雅彦 (NIMS-MaDIS 副部門長) を研究責任者として提案した研究開発課題「先端的構造材料・プロセスに対応した逆問題MI基盤の構築」が採択されました。参考資料
 
本課題では、Co-Leaderの東京大学榎学教授、及び、主たる共同研究者として46名 (NIMS・東京大学に加え、企業 : 11社、大学 : 11校、研究機関 : 4法人) が参加・連携することで、先端構造材料・プロセスに対応した逆問題MI基盤を構築します。日本独自の研究開発システムを確立することを目指し、逆問題MI基盤に鍵技術としてMaDISに産学官連携の拠点を形成していきます。


問い合わせ先

統合型材料開発・情報基盤部門(MaDIS) 運営統括室
〒305-0047
茨城県つくば市千現一丁目2番地1
電話:029-859-2472
E-Mail: madis=ml.nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)