ホーム > 広報活動 > イベント・セミナー > 2015年 > 第8回情報統合型研究交流会・一般公開シリーズ (5) - ベイジアン・アプローチに基づくデータ科学駆動型材料研究の可能性 - 吉田亮 氏

第8回情報統合型研究交流会・一般公開シリーズ (5)
- ベイジアン・アプローチに基づくデータ科学駆動型材料研究の可能性 - 吉田亮 氏

開催日: 2015.11.24 終了


第8回情報統合型研究交流会・一般公開シリーズ (5)

日 時

2015年11月24日(火) 13時30分~14時30分

場 所

物質・材料研究機構
並木地区 1階 WPI棟大会議室

講演者

情報・システム研究機構 統計数理研究所
モデリング研究系・データ同化研究開発センター
准教授 吉田亮 氏

講演タイトル

ベイジアン・アプローチに基づくデータ科学駆動型材料研究の可能性


講演概要

本セミナーでは、ベイズ統計と機械学習の方法論を解説しながら、データ科学駆動型物質・材料研究の在り方を概観する。我々はこれまでに、データ科学の先進技術を結集して、有機化合物の分子設計手法を開発・実践してきた。我々のアプローチは、以下の三つのステップから構成される : (a)化合物の構造記述子を設計し、観測データを用いて構造から物性のフォーワード予測モデルを構築する。(b)フォーワード予測にベイズ則を適用して、物性から構造のバックワード予測 (事後分布) を導く。(c)モンテカルロ計算で事後分布から化学構造を抽出し、所望の性質を有する埋蔵分子を発掘する。現在、これまでの研究を無機材料系に拡張・展開すべく、いくつかのパイロットスタディを推進している。セミナーでは、マテリアルズ・インフォマティクスを中心とするベイズ統計及び機械学習の適用事例を切り口に、データ科学駆動型アプローチのエッセンスを伝えたい。

問合せ

物質・材料研究機構
情報統合型物質・材料研究拠点運営統括室
e-mail: mi2i-adm=ml.nims.go.jp ([ = ] を [ @ ] にしてください)


イベント・セミナーデータ

イベント・セミナー名
第8回情報統合型研究交流会・一般公開シリーズ (5)
- ベイジアン・アプローチに基づくデータ科学駆動型材料研究の可能性 - 吉田亮 氏
会場
物質・材料研究機構
並木地区 1階 WPI棟大会議室
開催日: 時間
2015.11.24
13:30-14:30
参加料
無料

お問合せ

情報統合型物質・材料研究拠点
運営統括室
E-Mail: mi2i-adm=ml.nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
2019.10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31