NIMS Conference 2012

持続性社会に貢献する構造材料科学  - 基本原理への回帰 -

開催日: 2012.06.04 - 06 終了


参加登録申込は、5月28日 (月) に締切りました。

"NIMS Conference 2012" について

開催趣旨

インフラや輸送機器などの社会基盤を支える金属、セラミックス、ポリマーなどの構造材料は、私たちの安全・安心で豊かな生活に無くてはならない存在です。将来に対しても大きな責任を担っており、地球規模で顕在化する環境・エネルギー・資源問題の克服に貢献しなければなりません。構造材料は使用量と経済規模が他に比べて圧倒的に大きいため、社会的な波及効果は絶大です。また、この度の東日本大震災において、想定をはるかに超える地震と津波により、東北・関東地域は未曾有の被害を受けました。そのため、構造物の信頼性の検証や確保、原子力関連施設の安全性確保等、安全・安心社会の構築がこれまで以上に重要な課題となりました。これらの社会的責任を果たすためにも、構造材料は更なる進化を遂げなければならないのです。
一方、構造材料の研究開発の歴史は長く、蓄積された膨大な知識は人類の財産です。しかし、歴史が長いがゆえに、性能が頭打ち傾向にあるのも事実です。この状況を打破するためには、従来の延長線上の考え方から脱却し、原理原則に立ち返った革新的な指針が必要です。先人の功績に次の世代が何を積み上げるのか、今、構造材料研究は大きな岐路に立っています。

この度、物質・材料研究機構では、若手の構造材料研究者が中心となって、6月4日 (月) -6日 (水) の3日間、NIMS Conference 2012を開催致します。「持続性社会に貢献する構造材料科学  - 基本原理への回帰 - 」をテーマとして、震災からの復興、構造物の信頼性の検証、省エネルギー材料、高安全材料の開発にかかわる基礎課題などについて、広く議論を交わしたいと考えています。
NIMS Conference期間中には、構造材料の研究・開発に大きな功績のあった研究者を讃えるNIMS賞※授与式および受賞記念講演、国内外の著名研究者による基調講演をはじめ、個別課題を議論するテクニカルセッションが行われます。多数の皆様のご参加をお待ちいたしております。
(講演・討論は一部日本語で行われます)

会場・アクセス

会場

エポカルつくば


つくば国際会議場 「エポカルつくば」
〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-20-3
TEL. 029-861-0001
FAX. 029-861-1209


Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。

イベント・セミナーデータ

イベント・セミナー名
NIMS Conference 2012
持続性社会に貢献する構造材料科学  - 基本原理への回帰 -
会場
つくば国際会議場 (エポカルつくば)
〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-20-3
TEL. 029-861-0001 / FAX. 029-861-1209
会場地図(別ウィンドウで開きます)
開催日: 時間
2012.06.04 - 06
参加料
無料
主催
独立行政法人物質・材料研究機構

お問い合わせ先

独立行政法人物質・材料研究機構 企画部国際室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1 TEL. 029-851-3354(内線 3886) FAX. 029-859-2049
2020.08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31