ホーム > 広報活動 > イベント・セミナー > 2014年 > 理事長主催勉強会シリーズ : マテリアルズ・インフォマティクス/物質・材料研究における新展開

理事長主催勉強会シリーズ : マテリアルズ・インフォマティクス/物質・材料研究における新展開

第7回「The Inverse Problem in materials theory:
Find the system that has a given a target property 」

開催日: 2014.12.17 終了


マテリアルズ・インフォマティクスの勉強会の第7回目は、米国より、Zunger教授をお迎えし、独自のアプローチに基づく新材料開発の最新動向についてご講演頂きます。教授の提唱するアプローチ「InverseDesign」とは、我々が求める「特性」をまず定義し、最新の電子構造理論と遺伝的アルゴリズムを駆使して、天文学的な数の候補材料の中から、その特性を満たす材料および構造を計算的に見つけ出すものです。これにより、実際に合成すべきターゲット材料が絞り込まれ、より効率的な材料開発・物質探索が期待されます。 皆様の積極的なご参加をお待ちしております。 理事長  潮田 資勝

プログラム (予定)

13:15 - 受付開始

 

13:30 - 15:00 講演

講師 :
コロラド大学ボールダー校  Alex Zunger 教授
(Prof. Alex Zunger/University of Colorado, Boulder, Colorado )
演題 :
「The Inverse Problem in materials theory: Find the system that has a given a target property」
要旨 :
The history of material research and condensed matter physics has often proceeded via accidental discovery of materials with interesting physical properties-superconductors, solar absorbers, light-emitting semiconductor, to name a few. Yet, for many applications we know well what type of physical properties we want, except that we do not know a material that has those target properties. The question posed in this talk is: does it make sense to first declare the property you really want, then find the structure and material that has this property. The obvious obstacle is that there are innumerably many possible atomic structures that could, in principle, be made even from a few elements and we do not know which structure would have the desired target property. It turns out that modern atomic-resolution quantum mechanics (i.e., electronic structure theory) can now be combined with biologically-inspired (evolutionary) “Genetic Algorithms” to scan a truly astronomic number of atomic configurations in genomic-like search of the one(s) that have desired, target materials properties. Once the number of configurations with target property is narrowed down to a few, laboratory synthesis becomes viable. I will describe recent progress in this exciting endeavor of “Inverse Design”. Examples will include nanostructures by design, impurity-physics by design, magnetism by design, and the discovery of hitherto missed, new inorganic crystals.

※講義は英語で行われます。
※外部の方も参加可能なオープン会合です。ふるってご参加ください。
なお、外部より参加される方は、下記の連絡先まで、メールにて事前連絡ください。
<連絡先>独立行政法人 物質・材料研究機構 調査分析室 nims-rao=nims.go.jp ([ = ] を [ @ ] にしてください)



Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。

イベント・セミナーデータ

イベント・セミナー名
理事長主催勉強会シリーズ : マテリアルズ・インフォマティクス/物質・材料研究における新展開
第7回「The Inverse Problem in materials theory:
Find the system that has a given a target property 」
会場
物質・材料研究機構 千現地区 本館1 階第1会議室

つくばエクスプレス「つくば駅」から徒歩 (15 分) 、または定期運行バスがご利用になれます。詳しく は交通アクセス(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。
開催日: 時間
2014.12.17
13:30 - 15:00
参加料
無料
お願い
外来の方はNIMS千現地区守衛所にて入構確認をお済ませください。また会場の受付では「お名刺」を1枚ご用意ください。

参加申込 / 問合せ先

物質・材料研究機構 調査分析室
E-Mail: nims-rao=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
2020.08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31