研究報告会

「粘土鉱物に対する放射性物質の吸脱着機構解明と減容法の開発」

開催日: 2014.02.20 終了


東京電力福島第一原子力発電所の事故により,大量の放射性物質 (放射性セシウムなど) が大気中に放出され福島県を中心に広範囲に拡散し,深刻な環境汚染を引き起こしています。様々な除染活動などを踏まえ,(独)日本原子力研究開発機構 (JAEA) では, 福島環境安全センター,同量子ビーム部門,(独)物質・材料研究機構 (NIMS) を中心とした粘土鉱物研究グループにより,プロジェクト「セシウム吸脱着機構解明と減容化方法の開発」を立ち上げ,土壌や廃棄物の除染・減容化を目的とした粘土鉱物へのCs 吸脱着メカニズム解明および処理法に関する技術開発を行っています。

本報告会は,JAEAプロジェクト成果と共に,JAEA委託研究 「粘土鉱物に対する放射性物質の吸脱着機構解明と減容法の開発」参画機関の成果を報告します。放射光・中性子源等を用いた最先端構造解析・電子状態解析,HTEM・TOF-SIMS等の 先端的ナノ材料科学による解析,学第一原理分子動力学等を用いるシミュレーションによる粘土鉱物へのCs吸脱着メカニズム解明等の基礎研究から,実汚染環境中でのCs等の 吸着土壌・粘土鉱物の特性解明およびその動態の検討, および汚染土壌の減容方法・分級方法の最適化・化学処理法の開発を推進しました。特に福島県飯舘村での実施研究成果についても報告します。

参画機関としては,JAEA・NIMS以外に,国立大学法人北海道大学,国立大学法人東北大学, 国立大学法人東京大学,国立大学法人宮崎大学,公立大学法人首都大学東京,学校法人金沢工業大学,独立行政法人国際農林水産業研究センター,独立行政法人産業技術総合研究所,財団法人電力中央研究所の 6大学・2独法・1財団法人です。

日時 : 平成26 年2 月20 日 (木) 10 : 00 - 17 : 00
会場 : 千現地区 第一会議室
問い合わせ先 : 環境再生材料ユニット 山田裕久グループリーダー
内線 4331

※専門家向け報告会のため、一般の方の参加はご遠慮いただいております。

※定員に達しましたので、受付を終了しました。
   ご関心いただきありがとうございました。



Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。

イベント・セミナーデータ

イベント・セミナー名
研究報告会
「粘土鉱物に対する放射性物質の吸脱着機構解明と減容法の開発」
会場
(独)物質・材料研究機構(NIMS)千現地区 第一会議室(別ウィンドウで開きます)
開催日: 時間
2014.02.20
10:00-17:00
問い合わせ先
環境再生材料ユニット 
山田裕久グループリーダー
内線 4331
2020.08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31