STAM創刊20th記念シンポジウム

オープンサイエンスと材料研究

2019年11月1日(金)13:00~17:25
東京大学 山上会館 大会議室
使用言語:日本語・英語(同時通訳なし)

NIMS WEEK 2019 総合トップ > STAM創刊20th記念シンポジウム トップ

オープンデータを活用した材料予測最前線

刊行20周年を迎えた材料科学国際専門誌STAM(Science and Technology of Advanced Materials)は材料科学研究をさらに牽引するため、データサイエンスへの取り組みを強化しつつある。本シンポジウムでは、データサイエンスの元となるオープンデータに関連した内外の取り組みを紹介し、その潮流の中でのSTAMのこれからについて議論いたします。

主なプログラム

材料科学のオープンアクセスジャーナルであるSTAM誌の創刊20周年を記念した公開シンポジウム。論文の可能性を引き上げるデータジャーナル化への取り組みと、オープンデータを活用した材料予測についての世界的な潮流を紹介します。

STAM創刊20周年記念

材料科学・学際領域で世界78位/293誌のオープンジャーナルSTAM. 創刊20周年を記念して開催される本イベントでは、STAMのこれからについて議論いたします。

STAM賞授与式/記念スピーチ

過去STAMに投稿された論文の中から、材料科学の魅力を社会に訴求し研究にインパクトを与えた論文に授与するSTAM賞。本年の授与式と論文賞記念スピーチを行います。

招待講演

シリコンバレー近郊におけるAI/ビッグデータを用いた材料研究開発の現状など、米欧日のオープンデータ戦略に関する取り組みについての招待講演を行います。

学術講演会

オープンデータ・機械学習等を活用する先進的材料研究に取り組む6名の研究者による講演を行います。

更新情報

2019.09.09
Day4サイトを公開しました。未公開ページは、情報が確定次第、随時掲載いたします。