ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2016年 > 職員の懲戒処分について

職員の懲戒処分について

国立研究開発法人 物質・材料研究機構

標記の件について、研究費不正使用の疑義に係る調査委員会による調査の結果 (平成27年12月25日プレスリリース「当機構研究員による研究費の不適切な使用について」) を踏まえ、下記の通り実施しましたので、お知らせ致します。

 記
 
1.対象者及び内容
 機能性材料研究拠点 定年制職員 「出勤停止 (1ヶ月間) 」
 
2.実施理由
①調査対象者等が購入した物品を取引業者から購入したように見せかけて機構に請求させ、後日、業者から現金で受け取った。
②取引業者に依頼し、役務関係の支出を取引業者からの物品購入に見せかけて機構に支出させた。
③特殊役務 (基板の加工等) の納品・検査等を不適切に行い、その結果に基づき機構に経費を支出させた。
 
3.実施日
 平成28年4月28日
 
(管理監督責任 (1名) )
 懲戒処分した職員を管理監督する立場にある職員1名を厳重注意とした。


問い合わせ先 :

国立研究開発法人 物質・材料研究機構
人材部門 人事室長 阿部好夫
電話 : 029-859-2665
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。