ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2015年 > NIMS賞受賞者にハラルド・ローゼ教授 (独ウルム大学) ら3名が決定

NIMS賞受賞者にハラルド・ローゼ教授 (独ウルム大学) ら3名が決定

~電子顕微鏡用の収差補正装置の開発と普及に対する貢献を評価~

国立研究開発法人物質・材料研究機構 (NIMS)

NIMSは、本年度のNIMS賞受賞者を下記の3名に決定いたしました。

受賞者
ハラルド・ローゼ教授 (ウルム大学)
マキシミリアン・ハイダー教授 (カールスルーエ工科大学)
クヌート・ウルバン教授 (ユーリッヒ研究センター)

受賞理由
電子顕微鏡用収差補正装置の理論検討・装置開発・材料応用と普及

ローゼ教授ら3名は、電子顕微鏡の収差 (ボケやゆがみ) を補正する装置を開発し、それまではっきりと見ることが不可能であった界面や欠陥を鮮明に観察することを可能にしました。また、原子位置を正確に捉えることを可能にすることで、材料の性質と原子の配列との関係を議論することを可能とし、その後の材料科学研究に大きな影響を与えた点などが高く評価されました。受賞セレモニーおよび受賞記念講演は、7月14日 (火) ~16日 (木) の3日間、つくば国際会議場 (エポカルつくば) にて開催されるNIMSコンファレンスにおいて行われる予定です。

「ハラルド・ローゼ教授」の画像

ハラルド・ローゼ教授


「マキシミリアン・ハイダー教授」の画像

マキシミリアン・ハイダー教授


「クヌート・ウルバン教授」の画像

クヌート・ウルバン教授


【NIMS賞】
NIMSでは、毎年7月に開催されるNIMSコンファレンスに合わせて、物質・材料に関わる科学技術において優れた業績を残された研究者にNIMS賞を授与しています。NIMSコンファレンスのテーマに沿って世界各国のトップ科学者から候補者をノミネートし、中立な立場の有識者で構成された委員会により厳正に最終選考を行っています。

【NIMSコンファレンス】
世界最先端の研究者を招き、材料科学・ナノテクノロジー・環境・エネルギー関連の様々な問題を議論し、最新の研究成果を発表する国際会議「NIMSコンファレンス」を開催しています。第12回目となる平成27年度は“最先端計測が切り拓くマテリアルイノベーション”を主題とし、7月14日 (火) ~7月16日 (木) の3日間、つくば国際会議場にて開催します。


本件に関するお問い合わせ先

(NIMS賞およびNIMSコンファレンス2015に関すること)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
外部連携部門 学術連携室 学術交流チーム
八月朔日 早苗
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2890
FAX:029-859-2161
E-Mail: HOZUMI.Sanae=nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
(報道に関すること)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
企画部門広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL: 029-859-2026
E-Mail: pressrelease=ml.nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。