ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2008年 > 3機関が先端的安全・安心技術に係る研究協力協定を締結

3機関が先端的安全・安心技術に係る研究協力協定を締結

独立行政法人物質・材料研究機構
独立行政法人産業技術総合研究所
独立行政法人宇宙航空研究開発機構

NIMS、AIST、JAXAは、わが国の科学技術及び産業界の振興に資することを目的とした3機関による非破壊信頼性評価に関する研究協力協定を締結する。

概要

  1. 独立行政法人物質・材料研究機構 (理事長 : 岸 輝雄「以下NIMS」) 、独立行政法人産業技術総合研究所 (理事長 : 吉川 弘之「以下AIST」) 、独立行政法人宇宙航空研究開発機構 (理事長 : 立川 敬二「以下JAXA」) は、先端科学技術分野や社会の安全・安心に必要不可欠な材料や構造物等の非破壊信頼性評価分野において、わが国の科学技術及び産業界の振興に資することを目的としたNIMS、AIST、JAXAの3機関による非破壊信頼性評価に関する研究協力協定を締結する。これにより、3機関の研究能力および人材、最先端設備等を活用、連携協力することにより、相乗効果を高める。
  2. NIMS、AIST、JAXAは、従来から物質材料の開発・信頼性評価やロケット、プラント等構造物の非破壊検査分野において研究開発を行ってきた。今回の研究協力協定締結により、JAXAが研究開発するロケット等を対象とした高度信頼性が要求されるような非破壊信頼性評価手法をNIMS が保有する物質・材料評価技術、AISTが保有する先端計測技術と構造物の検査技術を基礎技術として融合させ、従来にはなかった材料 - 構造 - システムと一体化した応用技術の開発を目指す。
  3. 今回の連携協力は単に3機関による共同研究開発にとどまらず、3機関共同で「材料や構造物等の非破壊信頼性評価の分野」の現状を調査分析し、定期的に研究会・フォーラムを開催することにより、宇宙航空等の先端分野に限らず、産業社会のインフラストラクチャーであるプラント設備や橋梁等の建築物等の検査の在り方への提言を行う。これにより、鋼構造物等の非破壊検査技術、信頼性評価技術の開発等を我が国の科学技術および産業の発展、さらには国内・国際シンポジウムを共催して広く大学・産業界との連携協力を目指す。今回の研究協力協定締結が新たな分野融合の技術交流を生み、大学との連携を通じた次世代を担う人材育成、企業との連携を通じた新産業の創製等に大きく貢献するものと期待される。

「図 : NIMS-AIST-JAXA3機関連携」の画像

図 : NIMS-AIST-JAXA3機関連携




お問い合わせ先

報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL: 029-859-2026
FAX:029-859-2017
独立行政法人産業技術総合研究所
産学官連携推進部門 企業・大学連携室
〒305-8568 茨城県つくば市梅園1-1-1
TEL: 029-862-6147
独立行政法人宇宙航空研究開発機構
広報部
〒100-8260 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング2階
TEL: 03-6266-6413~7
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。