NIMS発 第1号参考物質

標準物質等の認証及び配布のお知らせ

独立行政法人物質・材料研究機構

NIMSの知的財産特別委員会、国際標準化小委員会は、燃料電池材料センターの宮澤 薫一 主席研究員が開発した、C60フラーレンナノチューブをNIMS発参考物質第1号として頒布を開始することを決定した。

概要

関連画像
  1. 独立行政法人物質・材料研究機構 (理事長 : 岸 輝雄) 知的財産特別委員会 (委員長 : 理事 北川 正樹) 国際標準化小委員会 (委員長 : 緒形 俊夫) は、燃料電池材料センター (センター長 : 西村 睦) ナノイオニクス材料グループの宮澤 薫一 主席研究員が開発した、C60フラーレンナノチューブを機構発参考物質第1号として頒布を開始することとしました。
  2. NIMS「参考物質」の国際標準化活動方針
    NIMSは、我が国の物質・材料研究活動を底支えし、国際的な物質・材料研究をも支える中核機関としての役割を果たすため、知的基盤の強化策の一環として、国際標準化の活動強化を行ってきました。今後も自らの研究活動の推進を通じて、我が国の物質・材料研究活動を底支えし、国際的な物質・材料研究活動をも牽引する中核的機関としての役割を果たすべく、体制整備等活動の強化策を中長期的視点で策定しつつ、以下の施策を実施しております。
    1. 標準物質等の認証及び配布
    2. VAMAS活動を通じた計測法、標準物質の国際認定への活動強化
    3. 材料研究成果の国際標準化に協力する
  3. 上記1. 標準物質等の実例として、新規ナノ物質であるC60フラーレンナノチューブを取り上げ、NIMS認証の「参考物質」として一般への配布準備が整いましたので、取得方法を含めてお知らせいたします。

    物質番号 :
    NIMS STRM2006 - 1001a
    物質名称 :
    C60フラーレンナノチューブ
    物質概要 :
    C60フラーレン分子により壁面が構成された中空のチューブ状繊維。下記の用途検討を目的に、各種特性値を計測・評価するのに使用可能。
  4. 取得方法 : 取得申請書 (別添) に必要事項を記入・捺印のうえ提出願います。


お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人物質・材料研究機構
燃料電池材料センター ナノイオニクス材料グループ
宮澤 薫一 (みやざわ くんいち)
TEL: 029-860-4528
E-Mail: MIYAZAWA.Kunichi=nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL: 029-859-2026
FAX: 029-859-2017

似たキーワードを含む プレスリリース

2007.04.10
NIMS発 第2号参考物質 (参考物質,標準物質)
2017.08.08
2013.01.23
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。