ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2005年 > 第3回ナノテクノロジー総合シンポジウム (JAPAN NANO 2005) 開催について

第3回ナノテクノロジー総合シンポジウム (JAPAN NANO 2005) 開催について

文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクト

独立行政法人物質・材料研究機構

文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクトセンターでは、我が国産学官の研究者への情報提供等の支援と分野を超えた研究交流を積極的に推進しており、その推進の場として、昨年に引き続き第3回ナノテクノロジー総合シンポジウム (JAPAN NANO 2005) を開催致します。

概要

文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクトセンターでは、我が国産学官の研究者への情報提供等の支援と分野を超えた研究交流を積極的に推進しています。当センターではこのような研究交流推進の場として、昨年に引き続き第3回ナノテクノロジー総合シンポジウム (JAPAN NANO 2005) を開催する運びとなりました。本シンポジウムでは、ノーベル物理学賞受賞者のローラー先生 (スイス) による基調講演、九州大学新海征治教授による特別講演を始め、ナノテクノロジー研究の第一線でご活躍をしておられる国内外の研究者による招待講演を頂くことにより、最先端のナノテクノロジー研究開発の状況を紹介致します。また、このような招待講演に加え、今回はナノテクノロジーの将来を担う若手研究者に最新の研究成果をポスター発表 (ショートプレゼンテーション付) して頂き、広い範囲の方にナノテクノロジー研究のトピックスと研究動向を知って頂く場となる事を期待いたします。

開催日時
2005年2月21日 (月) ~22日 (火)
場所
東京ビッグサイト (東京都江東区有明)
使用言語
英語 (英日同時通訳付)
主催
文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクトセンター
(運営 : (独) 物質・材料研究機構)
共催
(独) 情報通信研究機構、 (独) 科学技術振興機構、 (独) 日本学術振興会、 (独) 理化学研究所、 (独) 新エネルギー・産業技術総合開発機構、 (独) 産業技術総合研究所
後援
総務省、厚生労働省、経済産業省、 (社) 日本経済団体連合会
参加費
無料。ただし、交流会 (2月21日 (月) 夕刻開催) への参加費は2,000円。
参加申込方法
シンポジウムへの参加をご希望の方は下記よりお申込ください。


お問い合わせ先

報道担当
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
独立行政法人物質・材料研究機構
広報室
TEL: 029-859-2026
FAX: 029-859-2017
文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクトセンター
岡田 勝行 (おかだ かつゆき)
TEL: 03-5404-3280
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。