ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2003年 > 水晶の人工ツインを利用した波長変換デバイスの作製に成功

水晶の人工ツインを利用した波長変換デバイスの作製に成功

独立行政法人物質・材料研究機構

NIMSは株式会社ニデック、株式会社ニコンらと共同で、水晶のツイン (双晶) を微細制御することにより、波長変換デバイスの作製を実現。紫外レーザーや高出力レーザー、さらには携帯電話のフィルターなどへの応用が期待される。

概要

独立行政法人物質・材料研究機構 (理事長 : 岸 輝雄) 物質研究所の栗村 直 主任研究員は、株式会社ニデック山田 毅 研究員、株式会社ニコン原田 昌樹 研究員らと共同で、水晶のツイン (双晶) を微細制御することにより、波長変換デバイスの作製を実現した。紫外レーザーや高出力レーザー、さらには携帯電話のフィルターなどへの応用が期待される。


お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人物質・材料研究機構
物質研究所 光学単結晶グループ
主任研究員
栗村 直 (くりむら すなお)
TEL:029-860-4365
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017

似たキーワードを含む プレスリリース

2005.01.14
2004.03.23
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。