ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2003年 > 迅速な骨再生が起きる新しい人工骨補填材の実用化

迅速な骨再生が起きる新しい人工骨補填材の実用化

厚生労働省より医療用具製造承認を取得・製品化

大阪大学大学院
独立行政法人物質・材料研究機構
東芝セラミックス株式会社
株式会社エム・エム・ティー

大阪大学大学院とNIMS生体材料研究センター、東芝セラミックス (株) と (株) エム・エム・ティーは、平成11年から新しいコンセプトの技術を用いて人工骨補填材の共同研究開発を進め、生体親和性の高いハイドロキシアパタイトの三次元連結構造を持った骨補填材を開発した。

概要

大阪大学大学院器官制御外科学吉川秀樹教授と独立行政法人物質・材料研究機構 (理事長 : 岸 輝雄) 生体材料研究センター (センター長 : 田中 順三) 、東芝セラミックス㈱ (本社・東京都新宿区、取締役社長 鈴木 紘一) と㈱エム・エム・ティー (大阪市中央区、取締役社長 真崎 修) は平成11年から新しいコンセプトの技術を用いて人工骨補填材の共同研究開発を進め、生体親和性の高いハイドロキシアパタイトの三次元連結構造を持った骨補填材を開発した。

新しい人工骨は均一な球状の気孔を有しており、気孔径 (150~200μm) は新生骨の形成に最適な大きさに、気孔と気孔の連通部は細胞や血液が侵入しやすい大きさに精密に制御してあることが特徴である。生体組織が容易に材料内部に侵入し、骨が再生されるため、治癒期間が従来の人工骨に比べ大幅に短縮される。


お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人物質・材料研究機構
生体材料研究センター センター長
田中 順三 (たなか じゅんぞう)
TEL:029-860-4673
大阪大学大学院
医学系研究科 器官制御外科学 (整形外科)  教授
吉川 秀樹 (よしかわ ひでき)
〒565-0871 吹田市山田丘2—2
TEL:06-6879-3552
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017
製品に関する問い合わせ先
東芝セラミックス(株)
IR担当部長
藤本 昌憲
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-25 (西新宿木村屋ビルディング)
TEL:03-5331-1843
株式会社エム・エム・ティー
取締役社長
真崎 修
〒540-0012 大阪市中央区谷町5-3-17
TEL:06-6768-2691

似たキーワードを含む プレスリリース

2019.04.01
2018.05.17
2014.04.22
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。