ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2003年 > 超微細粒鋼線材コイルの量産化に目処

超微細粒鋼線材コイルの量産化に目処

独立行政法人物質・材料研究機構

NIMS超鉄鋼研究センターと大阪精工株式会社は、強度2倍の超微細粒鋼の長尺コイルの試作に成功した。

概要

独立行政法人物質・材料研究機構 (NIMS、理事長 : 岸 輝雄) 超鉄鋼研究センター (センター長 : 長井 寿) と大阪精工株式会社 (社長 : 澤田 斉) は、強度2倍の超微細粒鋼の長尺コイルの試作に成功した。

超微細粒鋼は、鋼の結晶粒を従来の10μmから0.5μmへ超微細化することにより、強度を2倍とすることに成功したものであるが、超微細粒化に必要な強い変形を生産技術のレベルで加えることは難しく、量産化には困難が予想されていた。

この線材コイルは5月21~23 日にパシフィコ横浜展示ホールで開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2003」に出展される予定である。


お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人物質・材料研究機構
超鉄鋼研究センター 商品化研究室 室長
片田 康行 (かただ やすゆき)
TEL:029-859-2112
主席研究員
鳥塚 史郎 (とりづか しろう)
TEL:029-859-2111
事務参事
中野 義和 (なかの よしとも)
TEL:029-859-2465
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017

似たキーワードを含む プレスリリース

2009.10.05
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。