ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2013年 > オランダ NanoNextNLとの包括協力協定締結

オランダ NanoNextNLとの包括協力協定締結

2013.10.09
(2013.10.18 更新)


平成25年10月9日、NIMSはオランダ NanoNextNLと包括協力協定 (姉妹機関協定) を締結いたしました。

「nano tech 2013での会談 (左より、大使館イノベーション・アッタシェop den Brouw 氏、Business Director  Koster氏、永川学術連携室次長、潮田理事長、Keulen副理事長、青野MANA拠点長、曽根理事) 」の画像

nano tech 2013での会談
(左より、大使館イノベーション・アッタシェop den Brouw 氏、Business Director Koster氏、永川学術連携室次長、潮田理事長、Keulen副理事長、青野MANA拠点長、曽根理事)



平成25年10月9日、NIMS (理事長 : 潮田資勝) はオランダ NanoNextNL (理事長 : Dave Blank教授) と包括協力協定 (姉妹機関協定) を締結いたしました。

NanoNextNLはミクロ及びナノ領域での新たな起業化を指向した技術開発を行うべく設立された、オランダの10社以上の企業、大学、研究機関ならびに大学医療機関からなる研究コンソーシアムです。2010~2016年度における総予算は2億5千万ユーロ (約335億円) で、その半額はオランダ政府から提供されています。

今回の協定締結はこれまでの数回に及ぶ訪問と会談に基づく結果であり、特に今年初めNanoNextNL副理事長 A. van Keulen教授、Business Director D. Koster氏らの派遣団がNIMSを訪問し、さらにその直後には潮田理事長らNIMS幹部がnano tech 2013のNanoNextNLのブースを尋ねて会談を持ちました。

その一方、NIMSとNanoNextNLそれぞれの研究分野の比較検討と共通重点分野の抽出が実施され、現在すでに双方の国際協力担当者によって協力可能な活動についての検討が進められております。まず協力の第一歩として、来年はじめに共通重点領域の研究者によるワークショップを開催する予定であり、その後の人的交流も検討されております。