ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2010年 > ニューヨーク州立大学アルバニー校とMOUを調印

ニューヨーク州立大学アルバニー校とMOUを調印

2010.11.15
(2010.11.22 更新)


平成22年11月15日、NIMSは米国ニューヨーク州立大学アルバニー校と、半導体を含むナノ材料の共同研究、人的交流を進めていくことに合意し、覚書 (MOU) を締結しました。

平成22年11月15日、NIMSはつくばイノベーションアリーナ (TIA) の参加機関として、アメリカ合衆国ニュー ヨーク州立大学アルバニー校のThe College of Nanoscale Science and Engineeringと半導体を含むナノ材料の共同研究、人的交流を進めていくことに合意し、覚書 (MOU) を締結しました。

この大学では約17,000人の学生が学んでいますが、そのなかで、CNSEはナノ科学・ナノ工学・ナノ生化学・ナノ経済学などの先進的な教育・研究開発 を目指した大学です。CNSEのAlbany NanoTech Complexは、世界最先端の研究施設であり、世界中からIBMなどの企業が参加しています。また、学生にはこれらの設備を通じた教育と実習を提供して います。そのために、2,500人以上の科学者、研究者、エンジニア、学生、そして教授らがこの設備に関わっており、ナノテクノロジーの分野では世界でも 先駆的な研究を行なっている大学です。

本覚書の締結によりナノ材料研究の分野融合とさらなる深化、拡大が期待されます。