ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2010年 > ドイツ・フラウンホーファー研究機構とMOUを調印

ドイツ・フラウンホーファー研究機構とMOUを調印

2010.03.11
(2010.04.01 更新)


平成22年3月11日、ハイブリッド材料センターは、ドイツのフラウンホーファー研究機構の信頼性・マイクロインテグレーション研究所の環境工学部と「ナノテクノロジーと環境工学」に関する研究協力及び共同研究に関するMOU (覚書) を調印しました。

「写真左から黒田 聖治 ハイブリッド材料センター長、Dr. Lorenz Granrath フラウンホーファー日本代表部代表、Dr. Nils Nissen フラウンホーファー研究所環境工学部部長、Dr. Lutz Stobbe フラウンホーファー研究所研究員、細田 奈麻絵 グループリーダー、重藤 暁津 主任研究員」の画像

写真左から黒田 聖治 ハイブリッド材料センター長、Dr. Lorenz Granrath フラウンホーファー日本代表部代表、Dr. Nils Nissen フラウンホーファー研究所環境工学部部長、Dr. Lutz Stobbe フラウンホーファー研究所研究員、細田 奈麻絵 グループリーダー、重藤 暁津 主任研究員



これにより両機関は、ナノテクノロジーの社会的影響、製品のライフサイクルを中心とした環境関連情報、ナノ材料のリスク、エレクトロニクスに視点を置いたナノテク応用技術、自然から学ぶエコフレンドリーなテクノロジーの、5テーマについて研究者の交換、情報交換、共同研究の推進を行います。