ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2008年 > 中国・清華大学とMOUを調印

中国・清華大学とMOUを調印

2008.03.28
(2008.04.01 更新)


平成20年3月28日、NIMSナノセラミックスセンターと国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA) は、中国・清華大学・工業物理系技術物理研究所と研究協力に関するMOU (覚書) を調印しました。

「写真 Xiao-Zhang ZHANG教授・技術物理研究所長、Jun-Li LI 教授・工業物理系副主任、目 (さっか) 義雄NCCセンター長・MANA副拠点長、石垣隆正NCCグループリーダー、He-Ping LI准教授」の画像

写真 Xiao-Zhang ZHANG教授・技術物理研究所長、Jun-Li LI 教授・工業物理系副主任、目 (さっか) 義雄NCCセンター長・MANA副拠点長、石垣隆正NCCグループリーダー、He-Ping LI准教授



平成20年3月28日、ナノセラミックスセンター (NCC) と国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA) は、中国・清華大学・工業物理系技術物理研究所と研究協力に関するMOU (覚書) を調印しました。先端プラズマプロセッシングなどを用いて、ナノ組織セラミックス材料開発に関する情報および人材交流を通じた研究協力をすすめていくことを目的としています。清華大学はプラズマ材料プロセスに関する世界屈指の研究機関です。本MOUをもとに、ナノ粒子合成、材料表面改質などの共同研究を行い、先端的な材料開発手法を開発するのがねらいです。