ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2008年 > NIMS主任研究員がイランの第21回ファリズミ国際賞 (KIA賞)を受賞

NIMS主任研究員がイランの第21回ファリズミ国際賞 (KIA賞)を受賞

2008年2月5日、NIMS燃料電池材料センター・ナノイオニクス材料グループのアジャヤン・ビヌ主任研究員が「第21回ファリズミ国際賞 (KIA賞)」を受賞しました。

「写真: ビヌ主任研究員 (左) とラオ博士」の画像

写真: ビヌ主任研究員 (左) とラオ博士


「授賞式の様子」の画像

授賞式の様子



このファリズミ国際賞 (Khwarizmi International Award) は、ユネスコ、WIPO (世界知的所有権機関) 等によって設立されたイラン最高の科学賞です。国内外の科学者による長年の研究成果である968のプロジェクト (54カ国から出された192件の海外プロジェクトを含む) の中からKIA賞最終審査委員会によって11人の優れた業績を持つ候補者が選ばれ、受賞セレモニーがイランの首都テヘランにある大統領会議場で行われました。今回、ICYSエグゼクティブアドバイザーであるC.N.R.ラオ博士も同賞を受賞されました。