ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2007年 > NIMSのフェロー、応用物理学会フェロー表彰」を受賞

NIMSのフェロー、応用物理学会フェロー表彰」を受賞

NIMSの青野 正和、堀池 靖浩 両フェローが「応用物理学会フェロー表彰」の第1回受賞者に選ばれ、平成19年8月3日に開催された「応用物理」創刊75周年記念式典において授賞式が行われました。

「青野フェロー (左) 、堀池フェロー」の画像

青野フェロー (左) 、堀池フェロー



青野 正和(別ウィンドウで開きます) フェロー、堀池 靖浩(別ウィンドウで開きます) フェローは、応用物理学会における継続的な活動を通じて応用物理学の発展に多大の貢献をしてきたことが認められ、他の84名の方々とともに表彰を受けました。表彰に関わる両氏の研究業績は、青野フェローについては「固体表面の構造と電子状態の解析およびナノ構造の創製と物性計測」、堀池フェローについては「先進的微細加工技術開発とデバイス新機能発現に関する研究」です。応用物理学会は75年の歴史をもち、応用物理を通して学術の振興、技術の発展による社会と産業への貢献、相互啓発と人材育成による教育貢献などを目指した23,000人以上の会員を擁する組織です。