ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2007年 > 江 綿恒 中国科学院副院長の一行がNIMSに来訪

江 綿恒 中国科学院副院長の一行がNIMSに来訪

平成19年6月6日、江 綿恒・中国科学院副院長ら7名および、中国大使館、JST職員がNIMSに来訪しました。

「ロビーでの記念撮影」の画像

ロビーでの記念撮影


「左写真 : Dr. Jiang Mianheng (左) と岸理事長 右写真 : 岸理事長、野田、北川両理事らと懇談」の画像

左写真 : Dr. Jiang Mianheng (左) と岸理事長 右写真 : 岸理事長、野田、北川両理事らと懇談


江 綿恒・中国科学院副院長を団長に、邱 華盛・中国科学院国際合作局局長助理、中国科学院傘下の4研究所から、顧 逸東・光エレクトロニクス研究院長、朱 健強・上海光学精密機械研究所長、洪 茂春・福建物質構造研究所長、呉 家睿・上海生命科学院副院長ら7名、および、中国大使館、JST職員がNIMSに来訪されました。

岸理事長、野田、北川両理事らと懇談され、NIMS概要の説明を受けたあと、光触媒材料センター、生体材料センター、ナノシステム機能センターを視察され、センター長より説明を受けられた。ICYSのフロアも回られた。江副院長は材料研究にも造詣が深く、酸化物超伝導など専門的な議論もされました。とくに、葉センター長、陳生体材料センターグループリーダー(中国担当NIMSアンバサダー) をはじめ多くの中国人研究者と会われ、盛大な歓迎を受けました。