ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2007年 > インドのアンナ大学との連携協定に調印

インドのアンナ大学との連携協定に調印

平成19年2月26日、チェンナイのアンナ大学において、NIMSとインドのアンナ大学との間での連携協定に調印しました。

関連画像

この協定は、連携大学院制度によるNIMSへの学生の受入と主要研究者の交換を目的としています。アンナ大学とは、これまでにNIMSの光材料センターとの「単結晶成長技術開発と次世代光機能性素子の研究」 (2001-2006) に関するMOUや燃料電池センターの「新規なナノポーラス材料のデザイン」 (2006-2011) に関するMOUがあり、またポスドクの受入があるなどの関係がありますが、今回の連携協定調印で両機関の交流が今後さら深まることが期待されます。

The Hindu on-lineでも本調印が紹介されています。