ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2006年 > 三機関が『量子ビームテクノロジーの先導的研究開発に関する研究協力協定』を締結

三機関が『量子ビームテクノロジーの先導的研究開発に関する研究協力協定』を締結

平成18年12月20日、NIMS、理化学研究所および日本原子力研究開発機構は「量子ビームテクノロジーの先導的研究開発に関する研究協力協定」を結びました。

「左から岸理事長(NIMS)、野依理事長(RIKEN)、殿塚理事長 (JAEA)」の画像

左から岸理事長(NIMS)、野依理事長(RIKEN)、殿塚理事長 (JAEA)



調印式には岸理事長(物材機構)、野依理事長(理研)、殿塚理事長 (原子力機構) が出席されました。三機関は量子ビームで世界最高レベルを誇る機器や研究力を結束させ、新たに国際競争力のあるイノベーション創出に貢献するため、量子ビームを利用した先導的研究を連携協力して進めることで合意しました。

今後は具体的な研究協力を推進・展開するため、研究協力協議会を設置し、我が国の産業の振興や国民生活の向上に大きく貢献する研究への取り組み、成果の普及などにかかる具体策の検討を始めます。