次世代の磁気記録技術や超高感度磁気センサーの実現に貢献する
機能性磁性・スピントロニクス材料と磁気抵抗デバイスに関する研究
  ハードディスクドライブ(HDD)はデータセンターを中心とし世界のデジタル情報の記録を支えるストレージデバイスです。現在のHDDの記録密度は、1 Tbit/in2に到達していますが、今後、社会のIoT化等により生じるビッグデータに対応するために、さらなる高記録密度化が求められています。磁性材料グループでは、HDDの高記録密度化の要素技術となる次世代リードヘッドと書き込み技術に貢献する巨大磁気抵抗(CPP-GMR)素子の研究を進めています。
  その他にも、脳磁場まで計測可能な超高感度磁気センサーの開発や、新規なスピントロニクスデバイスにつながる磁性半導体や高い磁気異方性を有する磁性材料等、幅広い研究テーマに取り組んでいます。
  • 最新ニュース
  • グループメンバー
  • 主要装置
  • 最新ニュース

    2018.11.22
    桜庭裕弥グループリーダーが第28回つくば奨励賞を受賞しました。
    2018.10.26
    中山裕康ICYS研究員(磁性材料グループ)が日本物理学会・第13回若手奨励賞(領域3:磁性)を受賞しました。
    2018.5.31
    桜庭裕弥主任研究員が第39回本多記念研究奨励賞を受賞しました。

    メンバー

    NIMS職員 JSPS特別研究員 ICYS研究員
    桜庭 裕弥
    (GL)
    中谷 友也 A. Perumal 中山 裕康
    ポスドク
    W. Zhou S.K.Narayananellore V. Kushwaha M. Rasly N. Asam 藤田 裕一
    大学院生(筑波大学) 外来研究員
    Z. Chen K-B. Fathoni I. Kurniawan 後藤 一希 A. K. Srinithi 城山 泰祐

    装置

      ここで紹介している装置は一部です。詳細は下記ページをご覧ください。
    超高真空クラスタースパッタ成膜装置

    電子線描画装置

    高分解能走査型透過電子顕微鏡(S/TEM)
    FIB-SEM複合装置