1. ホーム
  2. > 研究活動
  3. > Research Highlights
  4. > Vol. 55 赤外線スペクトルグラフィーを目指した新しいオンチップセンサー・・・

researchhighlightsResearch Highlights

[Vol. 55]

赤外線スペクトルグラフィーを目指した新しいオンチップセンサー

あらゆる物体は赤外線を放射しており、その放射の波長分布を調べることで物体の温度や化学組成についての情報を得ることができます。しかし、通常の赤外線センサーは波長分解能を持たず、積分強度として熱ふく射を計測するのみで、測定対象である物体固有の特徴や状態に関する情報が失われています。今回、MANAの研究チームは高い指向性を持つ、高波長分解能型の多波長センサーを開発しました。このセンサーを用いると、物体や気体分子の種類、動く物体などを見分けることが可能となり、また、強度校正の必要のない高精度温度計測が可能となります。

長尾忠昭 MANA主任研究者
(2019年「Advanced Science」誌)




Reference

”An On‐Chip Quad‐Wavelength Pyroelectric Sensor for Spectroscopic Infrared Sensingy",
hang Duy Dao, Satoshi Ishii, Anh Tung Doan, Yoshiki Wada, Akihiko Ohi, Tadaaki Nagao and Toshihide Nabatame Adv. Sci. 6 (2019) 1900579.
DOI: 10.1002/advs.201900579

■ NIMSプレスリリース
「世界最高レベルの波長分解能を持つ分光型赤外線センサーを開発」
https://www.nims.go.jp/mana/jp/news_room/press/2019082601.html

■ 研究成果に関する記事
「長尾 忠昭 MANA主任研究者らの研究成果がAdvanced Science Newsの記事で取り上げられました」
https://www.nims.go.jp/mana/jp/news_room/news/2019100201.html


Affiliations

International Center for Materials Nanoarchitectonics (WPI-MANA), National Institute for Materials Science (NIMS), Namiki 1-1, Tsukuba, Ibaraki 305-0044, Japan



Contact information

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(WPI-MANA)

〒305-0044 茨城県つくば市並木1-1
TEL: 029-860-4710
E-mail: mana-pr=ml.nims.go.jp([ = ] → [ @ ] )

To receive our e-mail newsletter “MANA Research Highlights”, please send an e-mail with "MANA Research Highlights request” in the subject line or main text to the following address: mana-pr_at_ml.nims.go.jp *Please change "_at_ " in the email address to @.
研究活動