世界最高水準の大型施設・先端設備の外部共用と基盤技術開発を担当しています

2021.04.01 更新

7つのステーションはNIMSの中核機能として、高度な材料分析・創製などの技術や、超高圧電子顕微鏡、世界最高レベルのNMRマグネットや磁場・低温発生技術、分析支援設備などの高度な施設・設備の開発・整備を行い、広く内外の研究者への利用機会を提供しています。また、各種材料データベースの整備を通して、有用な材料情報を発信し、知的基盤の充実・整備を行っています。

7つのステーション

材料創製・加工ステーション
NIMSの最先端研究を「ものづくり」の観点から支援
材料分析ステーション
幅広い材料における分析情報を提供し、正確・精密な分析法の開発・整備を目指す
ナノテクノロジー融合ステーション
ナノテクノロジーと異分野の融合研究を推進する設備と技術を提供
材料数値シミュレータステーション
超高速数値演算処理により理論・計算に基づく物質・材料の特性予測、新奇な物質・材料の開発を支える。