NIMS北海道大学

教員と研究


生命科学院

生命科学専攻 生命融合科学コース

物理学、化学、生物学の確固たる基盤のもとに、生命の本質を新たな視点で追求できる研究能力を育成するとともに生命科学に関する広範で深い知識と展開能力を持ち、社会の幅広い分野で活躍することのできる人材の育成を目指した教育を行います。従って、大学において生物学はもとより、化学、物理学、数学等の広範な基礎自然科学を履修した学生の入学を想定しています。
 確かな知識に裏付けられた新たな発想を生み出せる次世代を担う優秀な人材を育成するため、生命科学の確立された分野を体系的かつ包括的に教授することで、確固たる知識を授けるとともに、これからの生命科学に必要な領域を設定し、従来、十分な教育を行うことが困難であった新領域教育も行います。

フロンティア生命材料科学研究室

フロンティア生命材料科学分野

接着性の細胞を構造の異なる材料上で培養すると細胞の分化や機能が変化します。細胞が材料表面の構造を認識するメカニズムを解明するために、表面構造と遺伝子・タンパク質発現ネットワークとの関係を明らかにする研究に取り組んでいます。また、これらのトランスクリプトームやプロテオーム解析により見出された表面構造特異的に発現が変動する未知遺伝子群の機能解析を行うことにより生命科学分野への応用も展開します。

花方 信孝 客員教授

  技術開発・共用部門
  ナノテクノロジー融合ステーション ステーション長

①免疫システムを制御する核酸医薬の開発とナノ粒子による作用制御, ②ナノ物質の細胞毒性評価, ③遺伝子およびタンパク質の網羅的解析

  HANAGATA.Nobutaka nims.go.jp

山崎 智彦 客員准教授

  機能性材料研究拠点
  ナノメディシングループ 主幹研究員

アレルギー治療への応用を目指し、自然免疫系に置いて病原体の認識で重要な役割を担っているtoll like receptor (TLR)に着目し、TLRを活性化させる能力の高いリガンド分子の開発、TLRのリガンド分子認識機構の解明、さらにリガンド分子を細胞に輸送するナノ粒子の開発を行っている。

  YAMAZAKI.Tomohiko nims.go.jp

 

 

ソフトマター専攻

生命科学分野は今日、物質科学や情報科学の学際領域との融合研究が進展し、次世代型生命科学へのイノベーションがますます期待されている。ソフトマターはその代表的先端基盤材料で、産業界、医療、環境・エネルギー分野など広範な分野から注目されている。生命科学院ソフトマター専攻では、ソフトマターの科学研究に関連する基礎知識(物理学、化学、生物学)とその応用科学(材料科学、生命分子科学、生体物理学、医化学、機能学)を総合的に学べる体系的教育を提供し、ソフトマター研究で世界的にリードできる国際的な人材を養成する。

ソフトマター機能学研究室

ソフトマター機能学分野

光・電子・電気的性質を保持した分子液体やイオン液体、高分子ゲルといった究極に柔らかい有機・高分子材料の合成、ソフト材料のマルチスケールな物性解析技術の習得の他、センサやアクチュエータから細胞足場材料の設計・応用まで一貫した取組が人材養成の主方針となる。また、本分野は物質・材料研究機構を実験実施場所とするため、ソフトマターと異種材料(金属、セラミクス、医療材料)やナノ解析技術、インフォマティクスなどとの異分野融合的な取組も特徴となる。

中西 尚志 客員教授

  物質・材料研究機構(並木地区)
  MANA フロンティア分子グループ グループリーダー

機能性分子の分子間相互作用を精密に制御・抑制することで、不揮発性、粘性、発光性などの機能を持つ常温「液体」材料を開発しています。この「機能性分子液体」を素材に、ウェアラブルな圧電素子、振動センサやアクチュエータなどの応用に向けて研究を展開しています。

  NAKANISHI.Takashi nims.go.jp

上木 岳士 客員准教授

  物質・材料研究機構(並木地区)
  MANA メカノバイオロジーグループ 主任研究員

常温で液体状態の塩であるイオン液体や水等の分子液体中における高分子の自己組織化現象を利用して、粘弾性の精密変化を目指します。これらソフトマテリアルを(幹)細胞に可逆なメカニカルストレスを付加できる、新しい細胞培養足場材料に展開します。

  UEKI.Takeshi nims.go.jp