NIMS北海道大学

教員と研究


総合化学専攻 物質化学コース 機能物質化学講座

社会から求められている超伝導、光触媒、固体電解質などの新規材料の開発を実現するには、完成度の高い物質構築や物質応用手法の探索が必要である。最先端の強相関電子物性、バンド構造解析、ナノ構造探索、バルク・界面構造の特徴に関する応用的な知識を習得させるとともに、マルチフェロイック性、ハーフメタル性、光誘起機能などの物性発現を指向した、ミクロ・マクロスコピック両面の視点を兼ね備えた物質構造制御・材料構築の技術を修得させる教育・研究を行う。また、先進的な物質合成、精密構造解析、物性評価を通して、応用展開が期待される新物質を開発する知識や技術を修得させる教育・研究を行う。

超伝導材料化学研究室

超伝導材料化学分野

量子力学の原理に基づく性質を特徴とする物質(トポロジカル絶縁体、強相関酸化物、マルチフェッロイック酸化物等)の機能を社会実装レベルに高めるため、新物質探索・結晶育成、精密構造解析、先端物性評価等を実施して、優れた量子機能性物質を創製する。

山浦 一成 客員教授

  機能性材料研究拠点
  量子物質創製グループ グループリーダー

先進的な物質合成、精密構造解析、特性評価研究を通して固体酸化物などの結晶構造や化学組成や結晶形態を多様に変化させ、超伝導性、電子物性、磁性、ハーフメタル性などの機能性を向上させる。それらの学理を探求し、革新的な新材料シーズを発掘する。

  YAMAURA.Kazunari nims.go.jp

辻本 吉廣 客員准教授

  機能性材料研究拠点
  量子物質創製グループ 主任研究員

高圧合成法、低温反応法を駆使することにより、異種アニオンから成る新しいアニオン格子を設計し、既存の酸化物とは異なる構造、物性を示す革新的機能材料の創出を目指している。

  TSUJIMOTO.Yoshihiro nims.go.jp

 

界面エネルギー変換材料化学研究室

界面エネルギーー変換材料化学分野

二次電池関連電極反応、燃料電池触媒反応、電気細菌など生体機能に着目したバイオ触媒反応に関する固体/溶液/生体界面で起こる化学-電気エネルギー変換反応の基盤的研究。界面の幾何(STM, AFM)・電子(SHG)・分子(IR, Raman, SFG)構造のその場決定と超高速レーザー分光法による電子移動ダイナミクス。

野口 秀典 客員教授

  エネルギー・環境材料研究拠点
  ナノ界面エネルギー変換グループ グループリーダー

表面・界面にとても敏感な振動分光法のひとつである和周波発生(SFG)分光法および時間分解分光法(ポンプ‐プローブ法)を固体/溶液界面に適用することで、表面吸着種の構造を反応が進行している溶液中「その場」で調べ、表面反応(電気化学反応、光エネルギー変換反応、生体関連界面)ダイナミクスを分子レベルで明らかにすることが出来ます。

  NOGUCHI.Hidenori nims.go.jp

岡本 章玄 客員准教授

  エネルギー・環境材料研究拠点
  機能性材料研究拠点 独立研究者

基礎研究分野では電気細菌に特徴的な膜タンパク質に関する酵素学的理解が進む一方で、制御に不可欠な微生物発電反応の速度論に関してはその複雑性から研究の方法論すら確立しているとは言えない。我々は、モデル発電菌を精密電気化学分析することで発電プロセスの律速過程に迫り、微生物電極触媒反応の自在制御に挑む。

  OKAMOTO.Akihiro nims.go.jp

 

光機能材料化学研究室

光機能材料化学分野

光触媒や発光物質などの機能性材料の研究開発。バンド構造制御、ナノ構造制御による新規材料の創製・新機能の発現およびメカニズムの解明。環境保全、新エネルギー製造、次世代医療等への応用に関する研究。

葉 金花 客員教授

  MANA
  光触媒材料グループ グループリーダー

太陽光&室内照明光の大半を占める可視光~近赤外光に応答する新規光触媒の開発、ナノ構造制御による高機能化、さらに理論計算とその場計測の連携による触媒反応メカニズムの解明を行い、環境低負荷型浄化技術の確立と光->化学エネルギー変換効率のブレークスルーを目指す。

  Jinhua.YE nims.go.jp

白幡 直人 客員准教授

  MANA
  ソフト化学グループ MANA准主任研究者

同一元素で構成される蛍光体の構造制御に基づいて、広い波長域で発光色を連続的にチューニング可能なナノ粒子を開発することで、発光デバイス素子におけるシンプルな電子回路構造形成や分子間相互作用のパラレル蛍光検出を実現することを目指す。

  SHIRAHATA.Naoto nims.go.jp

 

ナノ組織化材料化学研究室

ナノ組織化材料化学分野

超分子・高分子化学・電気化学を基盤として、洗練された分子・電極触媒のデザイン・合成、ナノ組織化制御、シンクロトロン放射光を活用する先端計測を駆使し、エネルギー・環境分野に貢献する革新的な電子・イオン・物質輸送材料や刺激応答性材料の開発および燃料電池やトランジスタなどのデバイス構築を行う。

吉尾 正史 客員教授

  物質・材料研究機構(並木地区)
  国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 独立研究者

電子・イオン・光機能性を示す液晶、ゲル、超分子ポリマー、ナノ粒子の合成とナノ組織化構造の配列制御により、新機能創出と未来エネルギー・センサーデバイスの具現化に挑戦する。

  YOSHIO.Masafumi nims.go.jp

増田 卓也 客員准教授

  物質・材料研究機構(並木地区)
  先端材料解析研究拠点 表面化学分析グループ グループリーダー

固液界面現象をその場観察するための基盤技術の開発と、その実用材料への応用を推進している。デバイス劣化の要因たる副反応、反応中間体の生成、電極表面の電子的・幾何的構造変化といった反応の全容を解明し、これらの情報を材料設計指針に落とし込むことによって、戦略的な物質・材料研究を先導する。

  MASUDA.Takuya nims.go.jp

 

 

総合化学専攻 物質化学コース 無機物質化学講座

社会から求められている超伝導、光触媒、固体電解質などの新規材料の開発を実現するには、完成度の高い物質構築や物質応用手法の探索が必要である。最先端の強相関電子物性、バンド構造解析、ナノ構造探索、バルク・界面構造の特徴に関する応用的な知識を習得させるとともに、マルチフェロイック性、ハーフメタル性、光誘起機能などの物性発現を指向した、ミクロ・マクロスコピック両面の視点を兼ね備えた物質構造制御・材料構築の技術を修得させる教育・研究を行う。また、先進的な物質合成、精密構造解析、物性評価を通して、応用展開が期待される新物質を開発する知識や技術を修得させる教育・研究を行う。

ナノセラミックス研究室

ナノセラミックス

微粒子・粉体プロセス科学に基づくセラミックス新規機能材料のナノ/ミクロ構造設計と機能特性制御。

打越 哲郎 客員教授

  機能性材料研究拠点
  微粒子工学グループ グループリーダー

コロイド化学に基づいた液中セラミックス粒子集積技術をベースに、強磁場、電場などの外場の作用を駆使して、配向、配列、積層、均一分散など組織微構造が自在に制御されたセラミックスの創製が可能なプロセス技術の確立を図る。特に、地球環境、エネルギー問題の解決に寄与するセラミックス材料系について、機能および力学特性を最大限に引き出すような組織微構造を理論的に予測、設計し、予測に基づいた組織を実際に作製して、特性向上をもたらす組織との関係を体系化する。

  UCHIKOSHI.Tetsuo nims.go.jp

武田 隆史 客員教授

  機能性材料研究拠点
  サイアロングループ 主幹研究員

各種蛍光体の混合物粉末でも、1粒子に注目すると単一相で単結晶です。この1粒子を用いた新蛍光体開発手法が単粒子診断法です。Ba(Eu)-Li-Al-Si-N系に適用することで、狭線幅の緑色発光の蛍光体Ba2LiSi7AlN12:Eu2+を開発しました。

  TAKEDA.Takashi nims.go.jp