NIMS北海道大学

教員と研究


理学院

物性物理学専攻

物性物理学専攻では、量子力学や統計力学を柱とした物理教育を行うと共に、量子機能物質と凝縮系物質を主な研究対象とした実践的研究活動を通し、現代物理学の概念や物質観を身につけ、独創的発想や論理展開のできる創造力に溢れた人材の育成を行います。また、理論・実験分野の連携を深め、現代物理学の高度化と 多角化に対する効率的な教育体制を構築し、次世代を担う研究者をはじめ広く社会で活躍できる人材の養成を目指しています。

先端機能物性理論研究室

先端機能物質物理学分野

量子多体物性の理論的研究。 解析的な理論手法と数値計算を駆使して, 高温超伝導,超伝導と磁性の共存・競合,臨界現象と量子相転移、新規量子状態の解明の研究を行う。
電子相関効果という観点から物質の新しい基礎的概念を創出することを目指す。

山瀬 博之 客員教授

  機能性材料研究拠点
  量子輸送特性グループ 主幹研究員

  YAMASE.Hiroyuki nims.go.jp

 

ナノスケール光機能研究室

先端機能物質物理学分野

ナノスケール材料や表界面に現れる電場増強、光電・光熱変換などの物性を、 表界面分析、ナノ分光法を用いて研究する。物理・化学合成やリソグラフィーにより ナノ構造制御された材料を製作し、シミュレーションと分析評価とを相互にフィードバックさせながら、 エネルギー変換材料や高感度センサー材料の開発を行う。

長尾 忠昭 客員教授

  MANA
  ナノ光制御グループ グループリーダー

  NAGAO.Tadaaki nims.go.jp

 

強磁場物性研究室

先端機能物質物理学分野

日本で最大の定常強磁場を発生可能なハイブリッド磁石をはじめとするNIMSの 先端強磁場磁石を用い、量子ホール系やグラフェン、トポロジカル絶縁体など の様々な物質における電子、スピン物性の研究を行う。特にテラヘルツ波を中心に、 ミリ波から紫外光までの幅広いエネルギー領域の分光技術を駆使し、新規物性現象の解明を目指す。

今中 康貴 客員教授

  先端材料解析研究拠点
  強磁場物性グループ グループリーダー

  IMANAKA.Yasutaka nims.go.jp

 

表面量子相物質研究室

先端機能物質物理学分野

表面界面を利用した革新的ナノ物質の創製と量子現象の解明
オンリーワン技術をつかって未知の二次元世界を探索する
表面界面は物質の内部と外界が不連続につながる場所であり、その特異性に起因して新しい量子物質相が現れます。また外界からの制御が容易であり、デバイス機能が発現するため応用上も重要です。私たちはこれまでに培った超高真空・ナノテクノロジー技術を駆使することで、表面界面における二次元量子系を原子・分子レベルで設計・創製し、未知の物性と機能性を明らかにしていきます。特に、基板表面上に成長する原子層超伝導体の分野で、世界をリードする研究を行っています。

内橋 隆 客員教授

  物質・材料研究機構(並木地区)
  国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 
  表面量子相物質グループ グループリーダー

  UCHIHASHI.Takashi nims.go.jp

シリコン表面上に成長した二次元インジウム結晶と超伝導転移を示す電気伝導測定の結果

原子ステップで生じるジョセフソン超伝導渦の模式図と、走査トンネル顕微鏡による観察