元素戦略センター関連イベント

有機・ナノ・冶金融合都市鉱山型新レアメタル抽出技術研究会
第2回公開ワークショップ 「レアアースを巡る新抽出技術」

資源入手リスクが増大している現状で「都市鉱山」の活用が注目されています。しかしこれは「大量かつ希薄・混在」という特徴を有しており、活用のためには希薄・混在する都市鉱山資源に適用可能な新しい抽出技術の開発が求められています。そこで、新しい抽出技術を開発するために、この研究会を発足させました。従来の冶金技術(Metallurgy)のみならず微量分離化学やnano-technologyを融合させ、更に理論計算科学などの基礎的アプローチも並行して進め、資源戦略をリードしていこうという目的で、これまで二回の公開ワークショップを開いてきました。
今回は、喫緊の問題となってきたレアアースに焦点を当ててワークショップを開催したいと考えております。より広範囲な分野の方々からご意見,ご協力を頂きたく、ご参集を期待しております。

日時: 平成22年7月21日(水)13:30~17:30
会場: (財)化学技術戦略推進機構2F第1、2会議室
 http://www.jcii.or.jp/ 
〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-3-5冨山房ビル2F
13:30 開会挨拶 (独)物質・材料研究機構、元素戦略センター 原田 幸明
13:40 講演1 「高効率で簡便な金属捕集・回収をめざした材料の開発」
( 群馬大学工学部 永井 大介 )
14:20 講演2 「酵素反応で調製したポリフェノールによる金属の回収・除去」
(佐賀大学理工学部 川喜田 英孝 )
15:00 ~ 15:20 休憩
15:20 講演3 「常温・常圧溶媒中における貴金属化合物ナノ粒子触媒の全合成」
( 物質・材料研究機構 阿部 英樹 )
16:00 講演4 「フラグメント分子軌道法と凝集系への応用」
( 立教大学理学部 望月 祐志 )
16:40 総合討議


サイトメニュー