ホーム > NIMSについて > 事業・活動 > TIA > ニュース > 「TIAナノグリーン」キックオフ会合

「TIAナノグリーン」キックオフ会合

2012年4月に企業会員9社、アカデミア会員を集めて発足した会員制のオープンイノベーションプラットフォーム「TIAナノグリーン」では、5月22日に会員、関係者を集めてキックオフ会合を開催いたしました。

「TIAナノグリーン」キックオフ会合 (発足会および意見交換会)

発足会

新棟 (並木地区 NanoGREEN/WPI-MANA棟) の講堂を会場に行われた発足会は、潮田理事長の「TIAナノグリーン」発足についての言葉に続き来賓の文部科学省研究振興局基盤研究課ナノテクノロジー・材料開発推進室の永井雅規室長からのご挨拶で幕をあけました。「TIAナノグリーン」の概要説明の後、会員の紹介が行われ、昭和電工株式会社 技術顧問 塚本建次様、株式会社日立製作所日立研究所の山田真治材料研究センター長をはじめとする会員企業の方々から「TIAナノグリーン」へのメッセージをいただきました。

「潮田理事長による「TIAナノグリーン」発足の発表」の画像


潮田理事長による「TIAナノグリーン」発足の発表


「ご来賓の永井ナノ材室長のご挨拶」の画像


ご来賓の永井ナノ材室長のご挨拶




会員

昭和電工 (株) (株) 日立製作所 日立研究所
(株) デンソー基礎研究所 日本電気 (株) グリーンイノベーション研究所
太陽誘電 (株) 開発研究所 JX日鉱日石金属 (株)  技術開発センター
新日本製鐵 (株) DIC (株)
(株) エア・リキード・ラボラトリーズ 筑波大学


意見交換会

会場を変えての意見交換会では、会員企業、筑波大学、産総研からの参加者とNIMS役職員の間で、「TIAナノグリーン」への注文、期待、企業連携のこれからなどについて盛んな議論が交わされました。

「昭和電工 塚本技術顧問、NIMS 魚崎PI、筑波大学 中村教授」の画像


昭和電工 塚本技術顧問、NIMS 魚崎PI、筑波大学 中村教授


「デンソー大倉所長、潮田理事長、曽根理事、中村TIA室長」の画像


デンソー大倉所長、潮田理事長、曽根理事、中村TIA室長




「TIAナノグリーン」とは

NIMSが運営する会員制オープンイノベーションプラットフォーム

 NIMSでは、より社会に開かれた研究所として社会ニーズに応える研究を一層進める方針の一環として、201111月に「NIMSオープンイノベーションイニシアティブ」を制定しました。このイニシアティブは、NIMSが、研究環境及び知的財産権の利用を外部の複数の法人にオープンにすることにより、研究開発の速度を上げ、その成果利用の早期化を推進することにより、我が国におけるイノベーションの促進を図ることを目的とするものです。
 NIMSはまた、 20096月以来、つくばイノベーションアリーナ (TIA-nano)の中核機関の一員として産総研、筑波大、さらに日本経済団体連合会 (経団連) とも連携して、つくばの地に世界的に魅力あるナノテクノロジー研究拠点を作りあげることに取り組んでいます。特に、環境・エネルギーに関わるナノ材料、ナノテクノロジー分野 (ナノグリーン領域) ではNIMSが中心的役割を果たしています。
 このような背景から、「NIMSオープンイノベーションイニシアティブ」の最初の実施例として、会員制のオープンイノベーションプラットフォーム「TIAナノグリーン」を発足しました。2012年の4月に会員企業9社にアカデミア会員の筑波大学を加え、その活動を始めたところです。


お問い合わせ先

TIA推進室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL. 029-860-4955